2015年02月10日

■■【今日のマガジン】経営とコンサルティング情報 2月10日

■■【今日のマガジン】経営とコンサルティング情報 2月10日



 【今日のマガジン】
は、毎週月曜日に発行しています 【経営マガジン】の姉妹マガジンで、【今日の独り言】【今日は何の日】【今日の出来事】【映像に見る今日の話題】などを盛り込んでいます。

 

 

10日(火)

■【今日の出来事】

政府日銀:閣議、第3次産業活動指数(経産省)
民間:三村日商会頭記者会見
米国:卸売在庫・売上高
その他:中国CPI・PPI、マレーシア鉱工業生産指数

【時事用語解説】

■【今日のブログ】

 午前零時 【今日は何の日
 午前発信 【今日のマガジン
 正午発信 【心で経営
 夜間発信 【トップ+コンサルタント情報

■【映像に見る今日の話題】 映像 アメリカの圧力でJAはどこへ行く

 TPPの日米間交渉が大詰めを迎えてきました。日本側の譲歩が取りだたされていますが、おそらくアメリカからかなり強い農業改革を迫られているのでしょう。安倍政権がJA改革の断行をせざるを得ない状況に来ています。
 JAとしても、関税撤廃拒否と引き替えにJA改革をせざるを得ないのでしょう。


■【今日は何の日】 簿記の日

 1873(明治6)年2月10日は、日本で最初の簿記の本である「帳合之法」が出版されました。これを記念して、全国経理学校協会(現 全国経理教育協会)が2004(平成16)年に制定しました。
 この本は、渡米した福沢諭吉翁が持ち帰った本を翻訳したものです。
 簿記というのは・・・・・<続き


【経営コンサルタントの独り言】

私のブログナンバーワン

 毎日、複数のブログを書いていますが、あるブログで最も閲覧数(pv)の多かったのは、「【名言と経営】ユニクロ柳井氏の名言「Change or Die」」です。掲載は古いのですが、いまだにPVがあります。
 柳井氏の知名度の高さや皆様の関心が高いことがこの数字からも見て取れます。読者の皆様に、感謝いたします。今後ともご愛読をよろしくお願いします。


■【ウェブサイト更新】


■【経営コンサルタントへの道】

 【経営コンサルタントへの道】サイトは、経営コンサルタントになるひとの60%が閲覧しています。

 公的機関情報
中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業
中小企業対策事業 地域オープンイノベーション促進事業
中小企業対策事業 商店街活性化支援事業
小規模事業者支援パッケージ事業 地域力活用市場獲得等支援事業
 

■ 今週のお勧めブログ 新米コンサルタントの日記 EV

 経営士ブログの一つに「新米コンサルタントの日記」という連載があります。ベテラン経営コンサルタントが自分の若かりし頃のことを、現代風に小説化したものです。まだ経験の浅いコンサルタントの先生はご自身に置き換えますとと、いろいろな面で参考になるのではないでしょうか。また、これから経営コンサルタントを目指す人には元気を授けてくれるでしょう。その日記の説明文を紹介しておきます。

 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンで、産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 そのような中で直属上司とぶつかることが多い竹根は、商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのか、それとも、別な道を歩むべきか、迷った挙げ句の決断は、日本を代表するコンサルティング・ファームである竹之下経営にお世話になることに決めました。
 商社マンを辞めて、経営コンサルタント業界に一歩足を踏み入れた私、竹根です。連日、今まで体験したことのない中で、日本経営士協会のチュータリングサービスで経営コンサルタントとしての自分を磨く毎日ですが、まだまだです。
 日記と言うより週単位で、気がついたことがあるときに20時30分頃、日記(週記)を発信しています

  【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】 ←クリック
   

 それ以前については、毎週末にダイジェストをお送りしていますし、それを月単位で時々振り返ってみるブログとして、【ありし日の新米経営コンサルタント】があります。こちらは毎月一回、第2木曜日頃お届けします。

  【ありし日の経営コンサルタント】 ←クリック

 毎週日曜日12時頃「一週間の総集編」当該週の一週間をまとめて、時系列順にお読みいただくために発行しています。読み落とした場合には、こちらもご利用下さい。

■■ 経営コンサルタントへの道 ←クリック

 経営コンサルタントを目指す人の60%が閲覧





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。