2015年03月06日

■■【経営士塾】 メールタスク 502-1 事業領域とは

■■【経営士塾】 メールタスク JKJ1402-502-1 事業領域とは


 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm


■ ブログタスクとメールタスク

 ブログタスクは、原則としてテキスト(文字)のみにて回答をしていただくタスクです。このブログにコメントを付ける形で回答を出してください。ただし、図版等を盛り込みたい場合には、メールタスク同様にword等を利用しても結構です。

 メールタスクは、図版などを含む回答が予想されるときに出されるタスクです。word等を利用して塾長まで添付ファイルで回答してください。


■ メールタスク JKJ1402-502-1 事業領域とは


事業領域(事業ドメイン)とは、何でしょうか?その必要性はどこにあるのでしょうか?


【塾員回答】


■ メールタスク WT先生 2015/02/22


事業領域とは


自社の独自能力を使って、どのように提供していくかということであり、事業を展開するうえで、対象とする範囲や領域を特定すること。具体的には、「誰に、何を、どのように」提供すれば収益を上げることができるかということです。


独自性こそが競争力の源であり、存在価値を保証するのもので、存続の条件です。




■ メールタスク IN先生 2015/03/05


メールタスク502-1 事業領域とは、について以下の通り回答いたします。


事業領域とは、その会社が事業活動を行う領域(ドメイン)のこと。


企業に事業領域が必要な理由は以下の3点と考えます。


①活動する事業分野を規定することで無謀な多角化を抑制する。

②事業展開の方向を指示することで経営資源の集中を実現する。

③社員のベクトルを同じ方向に向かせる。



■ OK先生 2015/03/13


事業領域とは


 


事業領域は自社が定めた自社が競争する領域のこと。


 


必要性について


 


企業はすべての顧客(見込み顧客も含む)に対して、


サービスを展開することはできないため、どのようなセグメントの


顧客に対してサービス提供を行うかを決定する必要がある。


自社のサービスを展開していくかの範囲とも考えています。


 


原則中小企業などにおいては、経営資源が限られているため、


ライバル企業などに対して上記の事業領域を決めて対応せざるを得ない。


ランチェスター戦略にしたがい、戦略上の勝利を収めるために


事業領域を定める必要がある。


 







同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

この記事へのコメント
事業領域とは

どのフィールド(土俵)で事業活動を行うかを明確にする事。
事業領域(ドメイン)の確立方法としては、経営理念と経営環境の分析の
結果、事業活動の範囲を確立する。
経営環境の把握としては外部環境の機会と脅威の分析と内部環境の
分析をSWOT分析を使用して明確化する。
Posted by 丸山一樹 at 2015年03月07日 11:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。