2015年04月06日

■■【経営士塾】メールタスク 503-1 商品化を進めるには

■■【経営士塾】 メールタスク JKJ1402-503-1 商品化を進めるには


 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm


■ ブログタスクとメールタスク

 ブログタスクは、原則としてテキスト(文字)のみにて回答をしていただくタスクです。このブログにコメントを付ける形で回答を出してください。ただし、図版等を盛り込みたい場合には、メールタスク同様にword等を利用しても結構です。

 メールタスクは、図版などを含む回答が予想されるときに出されるタスクです。word等を利用して塾長まで添付ファイルで回答してください。


■ メールタスク JKJ1402-503-1 商品化を進めるには

第10期に取り組んだテーマの内「経営理念の構築・再構築」を、経営士・コンサルタントとして商品化して、それをクライアントに利用してもらうことで、受託(経営士・コンサルタントとしての仕事)を受け、それをクライアントで実施して、成果を上げたいと思います。すでに作り上げた経営理念の構築・再構築のツールの見直しも含め、どの様な付帯的なツールを準備すべきでしょうか。消費者向けの商品(Ex.:家電)を念頭において考察してください。

icon22

■■ 塾員回答


■ WT先生 2015/04/04


商品化をパッケージ化として捉えてみました。
パッケージとは「商品の包装やそのための容器」である。
では、パッケージ化に必要なものとは何か?


1. 商品(本体、附属品)
2. ガイドブック(マニュアル)
3. 購入後のサービス(フォロー)


上記3点が必要かつ提供するものであると考えました。


■ OK先生 2015/04/05

商品化を進めるには

第10期に取り組んだテーマの内「経営理念の構築・再構築」を、経営士・コン
サルタントとして
商品化して、それをクライアントに利用してもらうことで、受託(経営士・コン
サルタントとしての仕事)を受け、
それをクライアントで実施して、成果を上げたいと思います。すでに作り上げた
経営理念の構築・再構築のツールの見直しも含め、どの様な付帯的なツールを準
備すべきでしょうか。
消費者向けの商品(Ex.:家電)を念頭において考察してください。

>このツールをクライアントにどのように利用してもらうのかによって変わると
考えました。
クライアントに書類を渡して対応してもらう場合は
・説明書
の代わりになるものが必要だと思います。

クライアントから「経営理念の構築・再構築」の受託を受けて、一緒に作業をす
る場合は
・全体の作業の俯瞰図
のような何をこれから作業をするのかという一枚ないしは二枚程度で説明するような
資料が必要だと思います。

受託でうけるということから、一緒に作業する形態になるとは思うのですが、
2パターン考えてみました。





同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

この記事へのコメント
消費者向けの商品販売を想定し、以下を考えてみました。

1.モットー
  わが社はどうあるべきか? 
  どの様な集団で、従業員個人レベルまで落とし込める言語。
  その言葉に誇りが持て常に行動・言動の基本的な考え方となる。

2.ミッション
  ①来店されたお客様を心から歓迎し、ご挨拶を励行する。
  ②お客様のニーズ(困り事、欲求)に精神誠意にお応えし
   満足感を持って頂く様に努力する。
  ③お客様のお帰りには心からのお見送りを。

他カンパニースピリッツ、クレドでも良いと思います。
その会社の事業に合致した経営者から従業員まで共通の行動規範となる
明確で言語化された小さなカードを製作し常に携帯するのも浸透する手段だと考えます。
Posted by 丸山一樹 at 2015年03月29日 16:15
消費者向けの商品販売を想定し、以下を考えてみました。

1.モットー
  わが社はどうあるべきか? 
  どの様な集団で、従業員個人レベルまで落とし込める言語。
  その言葉に誇りが持て常に行動・言動の基本的な考え方となる。

2.ミッション
  ①来店されたお客様を心から歓迎し、ご挨拶を励行する。
  ②お客様のニーズ(困り事、欲求)に精神誠意にお応えし
   満足感を持って頂く様に努力する。
  ③お客様のお帰りには心からのお見送りを。

他カンパニースピリッツ、クレドでも良いと思います。
その会社の事業に合致した経営者から従業員まで共通の行動規範となる
明確で言語化された小さなカードを製作し常に携帯するのも浸透する手段だと考えます。
Posted by 丸山一樹 at 2015年04月07日 21:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。