2015年04月06日

■■【経営士塾】メールタスク503-3コミュニケーション手段

■■【経営士塾】 メールタスク JKJ1402-503-3 経営士塾のコミュニケーション手段


 この記事は、日本経営士協会独自の「経営士塾」塾員のためのブログです。

  経営士塾
  http://www.glomaconj.com/seminar/shutokuhosho/shutokuhosho.htm


■ ブログタスクとメールタスク

 ブログタスクは、原則としてテキスト(文字)のみにて回答をしていただくタスクです。このブログにコメントを付ける形で回答を出してください。ただし、図版等を盛り込みたい場合には、メールタスク同様にword等を利用しても結構です。

 メールタスクは、図版などを含む回答が予想されるときに出されるタスクです。word等を利用して塾長まで添付ファイルで回答してください。


■ メールタスク JKJ1402-503-3 経営士塾のコミュニケーション手段

 来期(第11期)は、期中に学ぶテーマを基本に、塾員同士のコミュニケーションを一層深めて、「商品化」に取り組んで行きたいと思います。

 これまでは、ドリームゲート・ブログを利用してきましたが、不便さをぬぐえません。一方、このブログを塾員以外のドリームゲート読者が閲覧をして、日本経営士協会の活動を知っていただくことができる効果があります。

 経営士塾のめざすべき事項としての「共業・共用・共育」に結びつけるためには、第11期からは、どの様な媒体を、どの様に利用したら良いのか、ご提案ください。ただし、「フェイスブックを利用する」というような、ありきたりの提案ではなく、フェイスブックを利用するに当たり、5W1Hで考察し、即実践に使えるような、経営士・コンサルタントらしい提案をして下さい。


■■ 塾員回答


■ WT先生 2015/04/04

Face Book Groups
グループ機能を活用する
グループ名( )
メンバー( )
メンバーについては、塾員と塾長が認められた方
プライバシー(非公開)
 
●タスク提示(FaceBookの「近況をアップデート」で投稿する)

● 考察や意見、疑問等については、「コメントする」で投稿
 ○BSの4原則を重視
 ○塾員同士の意見交換を重視

●タスク提出は「グループでのDropboxの利用」を活用する
 ○プロセス重視の原則と、見える化の原則を重視

●経営士塾開催の2~3日前に塾長より、課題等についてのコメントをいただけると幸いです


■ OK先生 2015/04/05


 これまでは、ドリームゲート・ブログを利用してきましたが、不便さをぬぐえ
ません。一方、
このブログを塾員以外のドリームゲート読者が閲覧をして、日本経営士協会の活動を
知っていただくことができる効果があります。

 経営士塾のめざすべき事項としての「共業・共用・共育」に結びつけるためには、
第11期からは、どの様な媒体を、どの様に利用したら良いのか、ご提案ください。
ただし、「フェイスブックを利用する」というような、ありきたりの提案ではなく、
フェイスブックを利用するに当たり、5W1Hで考察し、即実践に使えるような、
経営士・コンサルタントらしい提案をして下さい。

>まずこれも二つに切り分けて考えました。
1.内部のコミュニケーション&授業のための対応
2.外部向けの発信

1.については授業の双方向発信が必要なのかなと考えました。
今は塾長の画面を全員で共有しているのと音声で実質講義なのかなと感じます。
仮に各塾生も発表していく形をとるのであれば、
塾長→塾生

塾生

の片方通行ではなく
塾長←→塾生
↑    ↑
↓    ↓
塾生←→塾生
※左上の塾長と塾生もつながっていますし、右上と左下の塾生もつながっています
のような双方向で画面を共有できる必要があるのかなと考えました。
後同時に全員の意見を記載していく、ホワイトボードのようなものも必要だと思
います。

ソフトは有償無償でかなり変わってきますが、
無償ですとスカイプとホワイトボードを組み合わせるものや
音声とホワイトボードがあるが、人数制限があるものがあります。

スカイプの画面共有機能(https://support.skype.com/ja/faq/FA10215/
を使用するのも手ではあると思いますが、
ホワイトボード機能がないという難点があります。
こういったプラグイン(使用したことはございません)
http://www.geocities.jp/hibiyank/win/basic/extrasketch.htm
でお絵かきレベルなら対応できるようです。

・SOBA CITY
https://city.soba-project.com/index.html
https://city.soba-project.com/sobacity.html
使用したことはないのですが、
このソフトが人数制限がなく、ホワイトボード機能もあるとは記載があります。

比較的双方向の会議形式とホワイトボードまでいくと、
おそらくターゲットが法人なのか、有料のものが多くなります。

後スカイプミーティングの時にも感じたのですが、回線が光回線ではなく
かなり遅い方もおられるのかなと思います。
そのあたりの確認も必要かと存じます。

2.については、授業でまとまったものを経営士塾として
定期的に発信していくという形で発表を行うのはどうかなと思います。
この方法はブログを一つ立ち上げて情報を記載し、宣伝はFacebookなど
を使用してもよいと思います。
技術的には無償で使用できるWordPressというブログ構築ソフトを使用すると、
ユーザーが複数作れるため、管理者一人がすべて対応するのではなく、
塾生で交代に記事を作成するなどの担当もできると思います。
さらに下書き機能があるので、投稿前の確認をユーザ全員で行うことも可能です。

5W1Hにあてはめこむとすると、
Who(誰が)         :塾生が
What(何を)         :発表でまとまった内容を
When(いつ)         :まとまったタイミングと確認を終えた後に
Where(どこで)     :ブログ上で
Why(なぜ)            :経営士塾としての宣伝を兼ねて
How(どのように)    :Facebookなども使用して
あたりでしょうか。

どちらにしても新ツールを導入するということであれば、
運営対応の工数や教育工数も必要になることは考えられます。









同じカテゴリー(経営士塾タスク)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。