2015年06月16日

■■【経営コンサルタントの独り言】 東京の緑のオアシス

■■【経営コンサルタントの独り言】 東京の緑のオアシス

「人の一生は重荷を負いて遠き道をいくがごとし」徳川家康が子孫に残した遺訓の文、家康公こそ、この章句の実現者である。

 日本経営士協会メルマガ第一連載の渋沢栄一の『論語講義』の中で紹介されています。そんな連載の話と軌を一にして、徳川一門の墓のある、東京・芝の増上寺に行く機会がありました。

 大火や、戦災で、多くは焼失しているが、浄土宗の大本山として、又、徳川家の遺産として記念財団により維持管理されています。東京タワー直下に広がる低層の建物や公園は、都会の中で、喧騒を忘れさせてくれる緑豊かな空間でもあります。広大な敷地の中央に、増上寺、東京タワー、プリンスホテルがあり、それを取り囲むように、周縁に25箇所の飛び地として分断された芝公園が残っています。入館時に頂いた絵葉書セットの中に、明治時代に書かれた増上寺境内全図がありました。改めて、増上寺、東京タワー、芝公園をワンセットで楽しまれては如何でしょうか。

 地図:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map001.html

 

【筆者】 石原 和憲 先生


  新環境経営研究所所長
  日本経営士協会登録経営士、横浜経営支援センター センター長
 大手事務機器メーカーに永年勤務後、経営コンサルタントとして独立。
 「21世紀の環境経営を実現する技術コンサルティング ~地球環境に優しい21世紀のモノ作りを実現すべく、リスクマネージメントの視点で企業経営を支援する~」という理念の基にご活躍


  ※筆者詳細情報 ←クリック

 

【 注 】

 原稿時期と季節感やタイミングが合わないことがあります。原則として筆者の現行通り掲載しますが、前述の理由等から、発行者が、文章を変更した部分もありますが、ご容赦くださるようお願いします。

 

■■ メルマガ購読 ←クリック

 日本最初の経営コンサルタント団であります日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の干渉を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。

 

■■ 経営コンサルタントの独り言 ←クリック

 

 経営コンサルタントの視点から、経営や人生のヒントになりそうなことやブログの中から選りすぐった文章を掲載しています。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。