2015年08月24日

■■【新米コンサルタント起業日記】8月4週 クライアント開拓 0817

■■【新米コンサルタント起業日記】8月4 クライアント開拓 0817


 
 【小説・経営コンサルタント竹根の起業日記】は、10年のサラリーマン生活をしてきた竹根好助35歳の経営コンサルタントとしての独立起業日記です。
 これから経営コンサルタントとして独立起業しようと考えている人の参考となることを願い、経営コンサルタントとしての実践を経験的に語るつもりです。

 経営コンサルタント起業日記を読むポイント
 日記の主であります私(竹根)は、35歳の商社マンで、産業機械部第一課課長、2013年4月1日に経営コンサルタントという職業に関心を持ちました。
 そのような中で直属上司とぶつかることが多い竹根は、商社の限界を感じたり、経営コンサルティング業による社会貢献のすばらしさがわかってきたり、ついにはヘッドハンターからコンタクトがあったりと揺れ動く竹根。サラリーマンを辞めるのか、それとも、別な道を歩むべきか、迷った挙げ句の決断は、日本を代表するコンサルティング・ファームである竹之下経営にお世話になることに決めた。
 商社マンを辞めて、経営コンサルタント業界に一歩足を踏み入れた竹根である。連日、今まで体験したことのない中で、日本経営士協会のチュータリングサービスで経営コンサルタントとしての自分を磨く毎日である。
 毎日20時30分頃発信しています。ただし、一部のブログでは翌朝の発行となることもあります。

【 注 】
 ここに記載されていることは実在の企業とは何ら関係ありません。

  【あらすじ】 【登場人物】 【作者紹介】 ←クリック
 

 8月4週 クライアント開拓 0817

 ブログ「経営コンサルタントになろう」 14-8-4-1

 今朝のブログに「経営コンサルタントになろう」という記事を見つけた。驚いたことに、そのサブタイトルが「謙虚な態度」というのである。私の経営コンサルタントというイメージには、「偉い先生」とか「高収入」とかという言葉が浮かぶ。世の中には、悪徳コンサルタントもいて、そのイメージの強い人も多い。
 そのような中で「謙虚さ」を解いているのが面白く感じ、また自分自身がその立場にいるのであるので、謙虚さの重要性を噛みしめなければいけないと思った。

  「俺は何でも知っている」というような
   態度をとると、
  「知っている人に話す必要はない」と
   判断され、
   相手はホンネを言ってくれません。


 経営コンサルタントは、現場重視、すなわち現場の人=社員の声に耳を貸さないと仕事ができないのであるから、「相手はホンネを言ってくれません」という言葉がずしんときた。

  ブログ 【経営コンサルタントになろう】
  http://keieishi.dgblog.dreamgate.gr.jp/c2530.html

 手紙作戦によるクライアント開拓 14-8-4-2

 新規クライアント開拓の手紙作戦の案内文と送付先リストを基に、手書き作戦をはじめた。MSオフィスのワープロソフトであるワードで挿入印刷を始めた。便利なもので、手紙に相手の住所や社名、社長名まで自動的に印刷できる。
 封筒も角3型に自動的に印刷できるので、準備はできた。ところが、A4サイズに印刷した用紙を三つ折りにして、封筒に入れる作業は大変である。とりわけ、封筒と同封する印刷物との宛先が異ならない様に注意を払うことは結構神経を使う。
 私が苦労している様子を見て、妻が手伝ってくれた。ひとりだと、遅々としてはかどらない気がしたが、ふたりでやると、気分的に楽である。しかも、夫婦で協力して、心を一にしてクライアント開拓をするということがふたりの意識を高めた。
 やっと五十件ほどの手紙の封緘や切手貼りを終わったときは、昼をとっくに回っていた。ふたりで、それから遅い昼食を取った。達成感をもっての昼食は、粗末な食事ではあったが満足であった。

 匠製本機械の海外ライバルの現状 14-8-4-3

 唯一のクライアントである匠製本機械の海外ライバルメーカーの資料が集まってきた。これまで集まった資料に国内ライバル、といっても商品毎にライバルは一~二社しかないが、それを加えた比較表を作ることにした。
 ところが、資料を整理してみると、匠製本機械が持つ小型紙折機という商品に対応する紙折機は、海外のみならず国内にもないのである。ライバルのない、ユニークな商品だから、これはきっと売れるだろうと思った。
 しかし、匠製本機械の小型紙折機より小さい、オフィスユースの卓上紙折機は内外共に結構あるのである。匠製本機械の小型紙折機は、唯一の存在であるので、「売れる商品」と判断すべきなのだろうか?ライバルがいないと言うことは、そのような市場が海外にはないと考えると、いくら匠製本機械が頑張っても市場がなければ売れないことになる。


【経営コンサルタント参考図書】
  「クリティカル・シンキングのポイントが解る本
   今井信行著 秀和システム 1,400円+税
 【詳細あらすじ】 ←クリック
 詳細な、これまでの内容をダイジェストで見ることができます。

  ■■「経営コンサルタントへの道」  ←クリック



経営コンサルタントを目指す人の60%が訪問するページ



同じカテゴリー(新・新米コンサルタント起業日記)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。