2016年09月12日

◆【経営コンサルタントの独り言】9月12日(日) つぶやき改訂版 ニューヨークの摩天楼では雨が下から降り上がる

◆【経営コンサルタントの独り言】9月12日(日) つぶやき改訂版 ニューヨークの摩天楼では雨が下から降り上がる

 平素は、ご愛読をありがとうございます。

 昨日もいろいろとつぶやきましたが、ここに「つぶやき」の改訂版をお届けします。

 昨日のつぶやきの中では「9月11日 ナイン・イレブンの記憶が薄れてきていませんか?」が大変人気でした。

 ナイン・イレブンというのは、9月11日を意味します。

 マンハッタンの南、自由の女神の近くに立っていた貿易センタービルが、テロに乗っ取られた二機の旅客機が突っ込み、ツインタワーの二棟とも倒壊してしまいました。

 記憶もはっきりとしている人も多いかと思います。

 最近では、ソフトターゲットといって、民間の人がたくさん集まるところが狙われるようになり、次第にテロが身近に迫っています。

 オリンピックでは、厳戒態勢が敷かれました。

 今開催されているパラリンピックでも、同様な厳しさがあると信じていますが、オリンピックを無事過ごせたという安堵感から、気の緩みのないことを願っています。

 

 余談になりますが、私は、1970年12月にニューヨークに所長として赴任しました。

 その時のカルチャーショックについては、これまでもブログでいろいろとご紹介してきました。

 その中のひとつが、雨が下から降るということをはじめて体験し、驚いたのです。

 今日、高層ビルは日本でも処々にありますので、それを体験したことのある人は多数いらっしゃるでしょうが、当時の私にとっては驚き以外の何ものでもありませんでした。

   詳細

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/f3637388c6b2a051fc1f719b57842954

 

【9月11日(日)のつぶやき】 




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。