2016年10月20日

◆【経営コンサルタントの独り言】10月20日(木) つぶやき改訂版 TOEIC(トーイック)は日本人の発案

◆【経営コンサルタントの独り言】10月20日(木) つぶやき改訂版 TOEIC(トーイック)は日本人の発案で実施され始めたのです

 平素は、ご愛読をありがとうございます。

 「つぶやき」の改訂版ができましたので、そちらも併せてご覧下さると幸いです。

 1977年、アメリカのテスト開発機関であるEducational Testing Service (ETS、en:Educational Testing Service) に北岡靖男氏が開発を依頼したことにより始まりました。

 日本人が関与して始まったことを知っている人は意外と少ないのです。

 それほどグローバルなテストになってきていると言うことですね。

 2013年度には、日本だけでも受験者数は236万人を超えていると言います。世界で見ますと150か国で実施され、約700万人が受験をしています。

 その背景には、入試や入社試験の一部として利用されるようになってきていることが上げられます。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/2f503b42500ba22c1cec0d1dc705

 

 




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。