2016年11月10日

◆【経営コンサルタントの独り言】平成28年11月10日(木) つぶやき改訂版 太陽暦の歴史はまだ浅いのですね

◆【経営コンサルタントの独り言】平成28年11月10日(木) つぶやき改訂版 太陽暦の歴史はまだ浅いのですね


曇り


 平素は、ご愛読をありがとうございます。


 「つぶやき」の改訂版ができましたので、ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


紅葉


 今朝の朝焼けは、不気味な感じでした。


 紫色がかった小さな雲の塊が、白み始めた東の空に次第にピンク色に変わり、その範囲が視る観る広がって行きました。


 次第に、いつものオレンジの空に変わったときには、何かホッとしました。


 自然の営みというのは素晴らしいですね。


 


 1872年11月9日、太陰暦から太陽暦に切り替わりました。


 月の満ち欠けを基準にした太陰暦が、わずか140年強前まで太陰暦が使われていたのです。


 太陽暦を基にしたカレンダーを毎日使っていてそれがあたり前と思っていますので、わずか百数十年前まで太陰暦が使われたことを改めて知りますと奇異感を持つのは私だけでしょうか。


 龍馬や西郷が幕末から活躍し、明治新政府がよちよち歩きしだした頃の話です。


 日本の大転換期ですので、当然のことなのですから、奇異に感じることの方がおかしいのかもしれませんね。


 
















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。