2016年12月10日

◆【経営コンサルタントの独り言】平成28年12月10日(土) つぶやき改訂版 漱石の吾輩と天璋院篤姫とはどういう関係?

◆【経営コンサルタントの独り言】平成28年12月10日(土) つぶやき改訂版 漱石の吾輩と天璋院篤姫とはどういう関係?


カナヘイきらきら


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができましたので、ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。 


晴れ


◆ 漱石の吾輩と天璋院篤姫とはどういう関係?


 漱石(1867年~1916)は、1916年(大正5年)12月9日に亡くなりました。


 森鴎外と並ぶ文豪・夏目漱石ですので、知らない日本人はいないといっても過言ではない、日本を代表する小説家、評論家、英文学者です。


 現在の東京都新宿区に位置する牛込馬場下横町の生まれです。


 私の家からそう遠くはない場所です。


 現在でも「漱石公園」など、ゆかりの地があります。



 代表作に「吾輩は猫である」がありますが、「坊ちゃん」同様によく知られています。


 この中で、登場人物の家系が印されている部分があります。


 そこに天璋院篤姫が登場するのですが、家系図にするとどうなるのか、本当に血縁なのか、などなど首を傾げながら読みました。


 読後の感想というのは、人によってはあまり本筋とは関係ないところに興味を持つモノだと、我ながら思ったりしています。


 


 


 














同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。