2016年12月18日

◆【経営コンサルタントの独り言】12月18日(日) つぶやき改訂版 またひとつ羽子板市で年の瀬を感じます

◆【経営コンサルタントの独り言】12月18日(日) つぶやき改訂版 またひとつ羽子板市で年の瀬を感じます


とびだすうさぎ2


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができましたので、ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


晴れ


◆ またひとつ羽子板市で年の瀬を感じます


 12月17~19日には、東京・浅草寺境内で羽子板市が開催されます。


 羽子板市は、年の瀬に行われる行事のひとつで、浅草寺だけではなく各処で開催されます。


 浅草寺では、仲見世通りを始め、境内に露店が並びます。


 縁起物の羽子板ですので、ご祝儀相場で何万、何十万という高値がつくこともあります。
 定価というのはなく、丁々発止のやりとりの末、値段が落ち着きます。


 しかし、相場の値段より安く価格が決まった場合には、その差額をご祝儀として売手さんに渡すのが粋な計らいですので、結局定価で購入するようなものです。


 京都の新京極の市も全国的に知られていますね。


 















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。