2017年01月05日

◆【経営コンサルタントの独り言】1月5日(木) つぶやき改訂版 江戸っ子は甘口の酒を飲んでいた?

◆【経営コンサルタントの独り言】1月5日(木) つぶやき改訂版 江戸っ子は甘口の酒を飲んでいた?


とびだすうさぎ1 


 平素は、ご愛読をありがとうございます。


 「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


晴れ


 東京当地は晴、東京地方に乾燥注意報が出ています。


 昨夕から当地では風があります。気温もやや低めですが、身が縮こまるほどではありません。


 


◆ 江戸っ子は甘口の酒を飲んでいた? 2017/01/05


 江戸時代といいますと、上方からの物資がたくさん流入していました。


 お酒はどうかと言いますと、「灘の生一本」と灘のお酒が好まれていました。


 辛口のはずの灘のお酒が、江戸では甘口の酒として売られていたのです。



 なぜ、江戸の灘は甘口なのでしょうか?


 灘の清酒メーカーが江戸でマーケティング・リサーチをした結果、江戸っ子は甘口の酒が好まれるとわかって、江戸向けの酒は甘口にして出荷していたのでしょうか?


 どうも、そうではなさそうです。


 正解は?




















タグ :1月5日

同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。