2017年02月22日

◆【経営コンサルタントの独り言】 つぶやき改訂版 火の鳥といいますと手塚治虫を連想しますが、別の火の鳥

◆【経営コンサルタントの独り言】 つぶやき改訂版 火の鳥といいますと手塚治虫を連想しますが、別の火の鳥


あんぐりピスケ


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


晴れ 東京当地早朝ウォーキングの時


 今朝は少々寝坊をしてしまいました。


 昨夜の原稿執筆に熱が入りすぎたのでしょうか。


 おかげで、久しぶりに白ずんだ中の早朝ウォーキングでした。


 


◆ 火の鳥といいますと手塚治虫を連想しますが、別の火の鳥 2017/02/22


 華麗な色使いの『火の鳥』といいますと、手塚治虫の作品ですね。


 鉄腕アトムは、アストロボーイという名でアメリカの子供達を喜ばせた日本アニメーションの走りです。


 昨今では、ドラえもんなどだけではなく、いろいろなアニメーションが海外で人気です。


 日本のアニメーションは、アナログ方式で作られ、それが高く評価されています。


 一方、海外のアニメーションの大半はデジタル方式です。


 どちらが良いのかわかりませんが、人手のかかるアナログは次第にデジタルに駆逐されてしまうのでしょうか?



 さて、本日テーマで採り上げました火の鳥は、アニメーションの話ではありません。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/9ec16c105e8378db1167fd6cc96ac971


メモ

















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。