2017年04月02日

◆【経営コンサルタントの独り言】4月2日(日) つぶやき改訂版 真宗の開祖「親鸞」と天台宗の聖地「比叡山」は

◆【経営コンサルタントの独り言】4月2日(日) つぶやき改訂版 真宗の開祖「親鸞」と天台宗の聖地「比叡山」は関係があるのか


カナヘイピスケ


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


晴れ


■ 真宗の開祖「親鸞」と天台宗の聖地「比叡山」は関係があるのか 2017/04/02


 4月1日は、親鸞の誕生日でした。


 親鸞といえば、真宗の開祖として知られています。


 その親鸞は若かりし頃、比叡山に登り諸宗を学んだといわれています。



 比叡山といえば天台宗の聖地です。


 そこで「諸宗を学ぶ」というのは矛盾しませんか?


 比叡山は、宗派に関係なく、多くの人が出家前後に学ぶ場でもあるのです。


 大講堂に行きますと、私でも知っているような人が祀られています。


  http://www.glomaconj.com/butsuzou/meisho/kyoto/kyoto_hieizan.htm


カナヘイキャンディ
















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。