2017年04月16日

◆【経営コンサルタントの独り言】4月16日(日) つぶやき改訂版 聖徳太子が歴史から消えてしまう!?

◆【経営コンサルタントの独り言】4月16日(日) つぶやき改訂版 聖徳太子が歴史から消えてしまう!?


気合いピスケ


平素は、ご愛読をありがとうございます。


9時頃になってしまうかもしれませんが、「つぶやき」の改訂版をお届けします。


晴れ


 本日午後、大阪で開催されます公開講演会で、講師を務めます。


 40年余の経営コンサルティング経験を、【心 de 経営】をベースにしてお話する予定です。


 受付で「講師の紹介です」と言ってくださればまだ間に合います。


 受講料3,000円がかかってしまいますが、是非、足をお運び下さい。


  http://www.jmca-kansai.net/seminar/sem170416.pdf





■ 聖徳太子が歴史から消えてしまう!? 2017/04/16


 4月15日は、わが国文化の祖と言われ、仏教の礎を作った聖徳太子を奉賛する日でした。


 日本全国、処々を回ってみますと「太子堂」というのを見かけますが、日本人にとって聖徳太子の名は定着しています。


 ところが、その聖徳太子の名前が歴史の教科書から、あわや消えさらんとしました。


 厩戸皇子が聖徳太子であるという確証がないために「厩戸皇子(聖徳太子)」と、かろうじて、太子の名前が残ることになったそうです。



 推古天皇の摂政として、蘇我馬子とともに政治を行い、大陸の進んだ文化や制度をとりいれました。


 それらの功績が高く評価され、紙幣にまで登場してきました。


 日本の歴史は、文書として残っていないものも多く、また史実と神話とが混在したりしているのかもしれません。



 私の中学時代の親友が、歴史の研究を続け、最後は某大学の教授にまでなりました。


 若き頃は彼の実力からすると不遇とも思える時期がありました。


 ひとつのことを永年続けていますと、彼のように社会が評価してくれるようになるのですね。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c52890594ee4c241e3ff620fb3f50f19


 2017/04/16


 4月15日は、わが国文化の祖と言われ、仏教の礎を作った聖徳太子を奉賛する日でした。


 日本全国、処々を回ってみますと「太子堂」というのを見かけますが、日本人にとって聖徳太子の名は定着しています。


 ところが、その聖徳太子の名前が歴史の教科書から、あわや消えさらんとしました。


 厩戸皇子が聖徳太子であるという確証がないために「厩戸皇子(聖徳太子)」と、かろうじて、太子の名前が残ることになったそうです。



 推古天皇の摂政として、蘇我馬子とともに政治を行い、大陸の進んだ文化や制度をとりいれました。


 それらの功績が高く評価され、紙幣にまで登場してきました。


 日本の歴史は、文書として残っていないものも多く、また史実と神話とが混在したりしているのかもしれません。



 私の中学時代の親友が、歴史の研究を続け、最後は某大学の教授にまでなりました。


 若き頃は彼の実力からすると不遇とも思える時期がありました。


 ひとつのことを永年続けていますと、彼のように社会が評価してくれるようになるのですね。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c52890594ee4c241e3ff620fb3f50f19


本


















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。