2017年04月17日

◆【経営コンサルタントの独り言】4月17日(月) つぶやき改訂版 少年よ大志を抱けのクラーク博士は二人いた!? 

◆【経営コンサルタントの独り言】4月17日(月) つぶやき改訂版 少年よ大志を抱けのクラーク博士は二人いた!? 


カナヘイうさぎ


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。」


曇り


■ 少年よ大志を抱けのクラーク博士は二人いた!? 2017/04/17


 【Wikipedia】で「クラーク博士」で検索しますと、結構出てきます。


 クラークというのが、それほど特別な名前ではないからでしょう。


「少年よ大志を抱け」で知られる、われわれに馴染みのクラーク博士は、【Wikipedia】で見ますと「ウィリアム・スミス・クラーク(William Smith Clark)」というのが正式な名前だそうです。



 北海道大学の前身とも言える札幌農学校の初代教頭で、化学、植物学、動物学に通じていたといいます。


 当然、農業にも精通していたのでしょう。


 北海道大学にとっては大切な人で、大学構内に銅像が建っているのは当然です。


 ところが私達がしばしば目にするクラーク像は、羊山公園に在るのですね。


 札幌には毎月仕事で行っていましたが、羊山公園の銅像は見たことがありません。


 写真を見る限り、北大構内の銅像より大きそうですね。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/c4733f8b32f95616d9a3a25403cf63eb


 










 




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。