2017年04月20日

◆【経営コンサルタントの独り言】4月20日(木) つぶやき改訂版 地図の日といえばこの人を忘れることはできません

◆【経営コンサルタントの独り言】4月20日(木) つぶやき改訂版 地図の日といえばこの人を忘れることはできません


とびだすうさぎ2


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


晴れ


■ 地図の日といえばこの人を忘れることはできません 2017/04/20


 4月19日は「地図の日(最初の一歩の日)」ですが、地図といえば忘れてならないのが伊能忠敬ですね。


 江戸時代寛政年間に簡単な器械だけで足で稼いだ測量で、こんにちの地図と大きな違いなく作成したというのは驚きです。


 寛政年間といいますと浅間山噴火から天明の大飢饉などで一揆が多発した時代です。


 悪名高い田沼意次の失脚後、松平定信が寛政の改革を実施しました。


 その様な時代背景の中での実施は、一層困難であったのではないでしょうか。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/ce5f2971e3c6888178aa1952b4879ff5


ベル












同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。