2017年04月25日

◆【経営コンサルタントの独り言】4月25日(火) つぶやき改訂版 やさしい植物学

◆【経営コンサルタントの独り言】 つぶやき改訂版 やさしい植物学


つながるピスケ


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


晴れ



■ やさしい植物学 2017/04/25


 4月24日は「植物学の日」でした。


 日本の「植物学の父」といえば牧野富太郎博士です。


 子供の頃、伝記を読み、草花に興味を持った時期があります。


 歳を重ねるうちに樹木に興味を持つようになってきました。


 私の知人が樹木医をしています。



 公園などを散歩していますといろいろな樹があります。


 でも、名前札がついてある気もありますが、何という樹かわからないことが多いのです。
 草花の名前がわからないことはさらに多いです。


 せっかく丹精込めてお作りでしょうから、いろいろな人に見ていただくためにも、名前札を付けて欲しいですね。



 ちなみに易しい植物学に関する名著をご紹介しておきます。


  植物学のおもしろさ
   著者:本田正次(朝日新聞社)


 植物の名前は学術名に和名が付けられことから始まり、その付け方など、私たち素人でも興味を引くような内容です。


 タンポポの名は「病気を治す」ということから命名されたなど余録も含まれています。


 このブログを書きながら、再読してみたくなりました。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/4a9df5fa1aa17230c14cbdd7dbde0403


ベル














同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。