2017年05月12日

◆【経営コンサルタントの独り言】5月12日(金) つぶやき改訂版 鵜飼いに学ぶ、褒め方の難しさ

◆【経営コンサルタントの独り言】5月12日(金) つぶやき改訂版 鵜飼いに学ぶ、褒め方の難しさ


つながるピスケ


平素は、ご愛読をありがとうございます。


9時頃になってしまうかもしれませんが、「つぶやき」の改訂版をお届けします。


晴れ



■ 鵜飼いに学ぶ、褒め方の難しさ 2017/05/12


 5月11日に鵜飼いが解禁となり、長良川の鵜飼について、ブログをお届けしました。


 鵜飼といいますと長良川を連想する人が多いでしょう。


 鵜飼いは長良川だけではなく、嵐山や宇治川の鵜飼いも知られています。


 長良川ほど期間は長くはありませんがご存知の方も多いです。



 宇治の平等院を訪れたとき、若い女性が鵜の世話をしていました。


 その様な関係者が、「有名な長良川の鵜飼」という表現を目にしますと「長良川だけではないですよ」と不快に思われるのではないかと気づきました。


 長良川は確かに有名で、それを良い意味で紹介したつもりですが、他の関係者からしたら不満ですよね。


 誉めるというのは、褒められた人にとっては嬉しくても、そうでない関係者には必ずしも同じように良い意味で受け止められるわけではありません。


 誉めることの難しさに改めて気づき、反省しています。


  http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/


カナヘイキャンディ











同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。