2017年06月02日

◆【経営コンサルタントの独り言】6月2日(金) つぶやき改訂版 豚に真珠と同じ意味の表現は?

◆【経営コンサルタントの独り言】6月2日(金) つぶやき改訂版 豚に真珠と同じ意味の表現は?


あんぐりうさぎ


平素は、ご愛読をありがとうございます。


9時頃になってしまうかもしれませんが、「つぶやき」の改訂版をお届けします。


晴れ


■ 豚に真珠 2017/06/02


 6月の 誕生石は何でしょうか?


 真珠ですね。


 真珠と言えば、私どもの年代では御木本幸吉を思い浮かべるでしょう。


 御木本幸吉(みきもと こうきち)は、江戸末期に、現在の三重県鳥羽市に生まれました。


 うどん屋の長男が、機械いじりが好きで、粉を挽く石臼を使いやすく改良して、賞金をもらったというように伝記に書いてあったと記憶しています。



 真珠と言いますと「豚に真珠」という諺があります。


 人間にとっては価値のある真珠ですが、豚には真珠の価値は理解されません。


 このことから、価値のわからない人に、価値あるモノを与えてもムダであるという意味で用いられます。


 同じような意味合いで、「猫に小判」というのがあります。


 ニュアンスが多少異なりますが、「馬の耳に念仏」というのもあります。


 情報にしろ、知識にしろ、その価値がわからない人には無意味なモノで、機会損失を起こしていることに気がつかないのです。


 私達、経営士・コンサルタントには、その様な経営者に気づきを覚えてもらうのが重要な業務のひとつです。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/fa3bdc0bb42b6d5ed6788fcdbe860164


本

















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。