2017年06月29日

◆【経営コンサルタントの独り言】6月29日(木) つぶやき改訂版 貿易立国として成長してきた日本

◆【経営コンサルタントの独り言】6月29日(木) つぶやき改訂版 貿易立国として成長してきた日本


とびだすピスケ1


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


曇り


■ 貿易立国として成長してきた日本 2017/06/29


 小学生の頃の社会科の授業で「加工貿易」という言葉を学びました。


 資源に乏しい日本は、資源を輸入し、豊富な労働力で加工して製品を輸出することで外貨を稼ぎ、資源や必要な物資を輸入するのだと教えられました。


 要は、付加価値を付けて輸出をするということに換言できます。


 当時は「時計のように少ない材料で値段が取れる商品」がその代表例でした。


「安かろう、悪かろう」と悪口をいわれながらも貿易という業務に私も従事して、我武者羅に働いてきました。


「働き方改革」という言葉に違和感を覚えながら、労働環境の改善の必要性を思います。


 一方、仕事の質やそれに対する対価は、必ずしも正当に評価をされているとは言えないと考えます。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/daad2bab4c5d6ef3ce158f56a6b2868b


つながる花1















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。