2017年07月11日

■■【心de経営】41 企業のブランド戦略創造への挑戦

■■【心de経営】41 企業のブランド戦略創造への挑戦


【心de経営】は、「経営は心deするもの」という意味になります。それとともにフランス語の前置詞であります「de(英語のof)」を活かしますと、「経営の心」すなわち、経営管理として、あるいは経営コンサルタントとして、企業経営をどの様にすべきか、経営の真髄を、筆者の体験を通じて、毎月第二火曜日12時に発信いたします。

【筆者紹介】 特定非営利活動法人日本経営士協会理事長 藤原 久子 氏

 北海道札幌市出身、平成元年7月に財務の記帳代行業務並びに経理事務員の人材派遣業の会社を設立し代表取締役として現在に至っています。
 平素、自社において、従業員満足・顧客満足・地域貢献企業を目指し、ワーク・ライフ・バランスを重視した経営に心がけています。
 一方、自社における経験をもとに、経営コンサルタントとしての専門知識を活用しながら、客観的に現状を認識し、問題発見・解決策の提案や業務改善案、経営戦略への提言など、企業の様々な問題の共有を図りながらアドバイスをしています。

 ←クリック

 持続可能な目標設定と行動計画は、企業が株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等に於いて、ステークホルダーの価値観を理解し価値の最大化が求められる為、経営者の社会的責任つまり企業存続維持の責任があり、経済的責任が問われるものであります。

 企業とNPOのパーソナルシップに関心を寄せて価値共創経営を支えるのは、有効な取り組みといえます。

■■ 企業のブランド戦略創造への挑戦 ■■

■ 付加価値の創造

 企業提供物が製品であっても、サービスであっても、顧客がその製品やサービスを購入したいと判断する価格が、その生産と販売に要したコストを上回る場合に限り、企業が利益を生むことができる。

 しかし企業の存続と成長を保持することの重要性から、常に原点に戻って再考することを心がけ、顧客に認められる価値の創造+付加価値の創造が重要な戦略課題となる。


 つまり他にない、代替え出来ないユニークな価値の提供ができてこそ製品やサービスのブランド化に繋がり、他との優位性を図る源泉となります。


■ 信念と覚悟と評価

 会員の皆様に於かれましては、平素から「何事につけても正しい取り組み方で正しい方法で行っているか」を価値判断のベースにおいて行動していらっしゃると思います。


 時には「失敗」への恐怖心を味わう事があるかも知れません。

 それに打ち勝つには「信念に基づく覚悟」が必要になります。

 その姿が共感や感動を生じさせ、ステークホルダーの巻き込に繋がる要素となります。


 プロジェクトを立ち上げ、どんな形であっても先ずは完遂を目指すことが重要な要素で、できない理由を探さないこと。

 その過程での失敗の数々は、貴重な学びの機会であると信じ。

 そして外部から評価される取り組みを目指すのです。


 しかし実践過程で内発的モチベーションが上がり、更に信念に基づいた社会的意義のある活動で外部評価を得るという意味で、それらは、経営コンサルタントとして社会貢献を目指す企業・組織団体等に関与していける機会も増えて行く事でしょう。

■■ 【心 de 経営】 バックナンバー    ←クリック

■■ 経営コンサルタントを目指す人の60%が覧るページ ←クリック



【経営コンサルタントの育成と資格付与】

 

 since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会

 

日本経営士協会は、ご存知かと思いますが、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。

 詳しくは、サイトでご覧下さい。 

  ↓↓ クリック

 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 資格取得についてや入会の手続等
 経営士が提供する全国各地開催セミナーのご案内
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 経営や管理などに関する各種有益情報
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み



同じカテゴリー(【心 de 経営】)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。