2017年07月18日

◆【経営コンサルタントの独り言】7月18日(火) つぶやき改訂版 コミック誌は1840年代から続いてきた

◆【経営コンサルタントの独り言】7月18日(火) つぶやき改訂版 コミック誌は1840年代から続いてきた


ショックなうさぎ


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


曇り


■ コミック誌は1840年代から続いてきた 2017/07/18


 7月17日は「漫画の日」でした。


 コミック誌の歴史は長いことに驚きます。


 手塚治虫の「ジャングル大帝」や「鉄腕アトム」は、初期の頃の作品とは思えない完成度の高いものです。


 東京山手線高田馬場駅近くのトキワ荘を拠点に藤子不二雄や石ノ森章太郎、赤塚不二夫など、錚々たるメンバーが影響を受け、今日に至っています。


 手塚治虫が、医学博士であることもよく知られています。


 アトムやお茶の水博士の描写にそれが滲み出ていると言えます。


 成功している人というのは、ひとつの道に秀でるだけではなく、それを引き立てる別の能力や知識、経験が背景にあることが多いです。


 私は、若手経営コンサルタントに「マルチライセンス」ということをお薦めしています。


 日本経営士協会のメールマガジンのヘッダーは20年近く「マルチライセンス」を謳っています。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/a1657a875d0c1f383576bcbe75ff7046


















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。