2017年08月10日

◆【経営コンサルタントの独り言】8月10日(木) つぶやき改訂版 北朝鮮とアメリカの核の駆け引き 核根絶を願う

◆【経営コンサルタントの独り言】8月10日(木) つぶやき改訂版 北朝鮮とアメリカの核の駆け引き 核根絶を願う


 


平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。



■ 核根絶を願う 2017/08/10


 1945(昭和20)年8月9日午前11時02分といえば、長崎の人だけではなく多くの人が忘れられない二発目の原爆惨禍の日です。


 7万人を超える人の命が一瞬にして奪われたのです。


 この日には毎年、カトリック浦上教会を始め各地で原水爆禁止の祈りが捧げられます。



 原爆投下で破壊されてしまいましたが、当時は「浦上天主堂」と呼ばれ、今日でもその愛称で呼ばれる、カトリック長崎大司教区の司教座聖堂です。


 長崎市の観光名所のひとつにもなっていますので、訪れたことのある人も多いでしょう。
 私は、長崎には何度か行っていますが、浦上天主堂は、学生時代、東京から車で西日本旅行をしたときに一度訪れて以来、訪問していません。


 その時は、早朝でしたので、誰もいない聖堂を窓越しに覗いた記憶があります。



 因みに「聖堂」とはカトリック教派などにおける施設の呼称で、プロテスタントでは「教会堂」と呼ぶのだと聞いたことがあります。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/7ca9f585c33f5e35a919aebe979e73ff


 ここ数日間のトランプ大統領と金正恩第一書記とのやりとりは、現実には戦火を交えることはないと思いたいですが、怖さを感じます。












 




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。