2017年09月24日

◆【経営コンサルタントの独り言】9月24日(日) つぶやき改訂版 電子マネーの基本的な使い方を知らぬ失敗談

◆【経営コンサルタントの独り言】9月24日(日) つぶやき改訂版 電子マネーの基本的な使い方を知らぬ失敗談


 


  俺様の名は「ブロッグ


  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!


 


  パリのホテルで食べた
  焼きたてのチョコクロワッサンは
  うまかったゼ~


 


平素は、ご愛読をありがとうございます。


準備でき次第「つぶやき」改訂版をお届けします。


【今日は何の日】は発行済ですので、そちらをどうぞ


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/f92e6565bbf1ccccc0cd754ea8872b1d



散歩途中で、カード入れを拾いました。


保険証やクレジットカードが入っているのではないでしょうか?


でも、中味は何かはわかりません。


大切なものだといけないと思って、直ぐ近くの富坂警察署に届けました。


早朝ということもあって、のんびりムードでした。


「お礼は必要ですか?」


一瞬、何のことかわかりませんでしたが、持ち主から、お礼を欲しいかという意味と直ぐに気づきました。


中味が何かわかりませんし、IRものから高齢者のものらしいし、不自由をされていると思って届けたのですから、お断りしました。


それを知人に話したところ、「もったいない!!」


■ 電子マネーの基本的な使い方を知らぬ失敗談


 かつては、JR各社が別々のカードを出していたり、私鉄は私鉄でカード発行をしたりしていて、使いづらい面がありました。しかし、2012年からは、国内10社の鉄道会社間で相互利用が可能となりました。鉄道利用だけではなく、コンビニなど多くのお店で買い物もできるので小銭を持たなくても済むようになりました。以前は、地方に行くととたんに利用制限にぶつかり、お札で支払う結果小銭がドンドンと貯まってしまいましたが、最近は大変便利になりました。


 こんな失敗があります。


 顧問先のところに行くのに、所定の区間用に回数券を購入して、区間外をSuica(JR東日本のカード)を併用しようとして、回数券を投入してからSuicaをタッチしていました。「最近、どうもチャージされる回数が多いな」と思いながらも同じ方法で続けて使っていました。


 ところが、どうも変なのです。


 Suicaの利用明細をしげしげと見ると、なんと二重取りされていたのです。


 そこで、駅でこの仕組みはおかしいとねじ込んだとこり、次第に声が高くなったのか助役さんが飛んできました。事情を話しても、私が不正請求をしているとしか見てくれず、埒があきません。


 先方の助役さんも疲れたのか、「調べさせて下さい」と言ってきました。


 私は、相手の人がきちんと作業を続けくれそうもないと懸念し、「名刺を下さい」と言ったのですが、名刺を出さず、名札を示すだけです。名前を知っているだけでは、きちんと調べてくれないときに責任逃れをされることを懸念し、「それではお名前を録音させて下さい」と携帯電話の録音機能を使おうとしたら「その様なことをするのなら一切口を利きません」という返事。


 あきれてものが言えませんでした。



















同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。