2017年10月28日

◆【お節介焼き情報 カシャリ!一人旅】 日光を見ずして結構というなかれ

◆【お節介焼き情報 カシャリ!一人旅】 日光を見ずして結構というなかれ

 

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。

 その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

  日光(栃木県)の起源は、8世紀末に遡ります。

  日光を開山したのは、勝道上人で、四本竜寺を建立したのが日光の起源といわれ、日光山の中心寺院として発展してきました。

  1653(承応2)年に、三代将軍・徳川家光公の霊廟である大猷院(たいじゅういん)が境内に造営されて以来、徳川幕府の庇護を受けるようになりました。

 日光は、1999年(平成11年)に「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。

  登録内容は、日光山内にある二荒山神社、東照宮、輪王寺です。総数103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)が含まれています。

  私が訪れたのは10月下旬で、紅葉には一週間早すぎた感がします。それでも、処々に紅葉や黄葉した木々が、私を迎えてくれました。

 

       東照宮1 五重塔、表門、三神舎

       東照宮2 手水舎、輪蔵・鐘楼・鼓楼、鳴龍

       東照宮3 神厩舎、陽明門、神輿舎、唐門、眠り猫、奥宮

 

 
 
 
 



同じカテゴリー(【お節介焼き情報 カシャリ!一人旅】)の記事

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。