2018年03月20日

◆【お節介焼き情報】 なぜ閏年は2月で日数調整をするのか?

◆【お節介焼き情報】 なぜ閏年は2月で日数調整をするのか?

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


■【お節介焼き情報】 なぜ閏年は2月で日数調整をするのか? 

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

 ローマ暦では、一年が3月から始まります。

 すなわち、一年の終わりの月は2月ですので、2月で閏年修正をすることになったのです。

 英語の月名の語源の多くは、当時の数字に基づいて命名されています。

 したがって、現在の月名と数字とに、2か月の誤差ができてしまっています。

 一か月が30日であったり31日であったりする中で、ローマ王のアウグストゥスが紀元前8年に、8月の日数を、それまでは30日だったのを31日に変更しました。

 一年は365日ですので、その調整を一年の最後の月であります2月の日数で調整したために、2月が他の月より日数が少なくなってしまいました。

 

【経営コンサルタントの育成と資格付与】

since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会


 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。

 詳しくは、サイトでご覧下さい。 

 
    ↓ ↓  クリック


 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 資格取得についてや入会の手続等
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 経営や管理などに関する各種有益情報
 経営コンサルタントによるセミナー
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み
 会員専用のID/パスワードが必要です



同じカテゴリー(【お節介焼き情報】)の記事