2018年05月05日

◆【経営コンサルタントの独り言】 「プレミアムフライデー」は定着し効果を上げられるのか つぶやき改訂版 5月5日(土)

◆【経営コンサルタントの独り言】 「プレミアムフライデー」は定着し効果を上げられるのか つぶやき改訂版 5月5日(土)


   


 


  俺様の名は「ブロッグ
  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!
 
  日本文化の象徴的な
  大変便利な食べ物だネ!
  コンビニのおむすびも
  バリエーションが多いのに
  ビックリ 
 



平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


【今日は何の日】は発行済ですので、そちらをどうぞ


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/f96048a1411ffad6d918d189c12abea3


a4


【経営コンサルタントの独り言】

■ 「プレミアムフライデー」は定着し効果を上げられるのか

 5月4日は「みどりの日」の国民の祝日です。

 2005年(平成17年)の祝日法改正により4月29日(昭和天皇誕生日旧祝日)のみどりの日を5月4日に変更することになりました。

 その結果、三連休を確保できるようになりました。

 これにより消費需要が期待されるのだそうです。


 消費需要を高めるという観点で、「プレミアムフライデー」が実施されています。

 月末の金曜日の午後3時に退社し、夕方を買い物や旅行などに充てることにより、消費需要を高めようという目論見です。

 働き方改革の一環としても着目されています。


 ところが、関係者のみが盛り上がっていて、われわれ庶民にはあまりピンときません。

 新しい制度なので、馴染みがないということも一因かもしれませんが、この制度に共感して実施しようという気になりません。

 有給休暇の未消化もある中で、一か月にわずか2時間です。

 その効果が出るのに時間がかかるのか、このまま消滅していしまうのか、先行き不透明です。

  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/48ba59fccea788519c2d11e82448148a


 


■【一口情報】 日本政策金融公庫



 


 冒頭の日本公庫ですが、株式会社日本政策金融公庫(JFC)の略称で、当初は「政策公庫」と呼ばれていました。財務省所管の特殊会社で、その前身機関は国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行です。


 


 これらの業務を引き継ぎましたが、「民業圧迫」の見地から一部の業務は見直され、下記の業務を行うとしています。


 


 ◇ 国民生活事業として国民一般の資金調達支援


 ◇ 中小企業事業として中小企業の資金調達支援


 ◇ 農林水産事業としてその事業者の資金調達支援


 












同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事