2018年07月09日

◆【経営コンサルタントの独り言】 一六銀行のビジネスモデルが大きく変質 つぶやき改訂版 7月9日(月)

◆【経営コンサルタントの独り言】 一六銀行のビジネスモデルが大きく変質 つぶやき改訂版 7月9日(月)


 
 


  俺様の名は「ブロッグ
  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!
 
  300gはありそう
  こんなでかいハンバーガーがあるなんて 
  俺様は幸せ者だ。


 



平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


【今日は何の日】は発行済ですので、そちらもどうぞ


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/55e551feb86f7cdb7f93437b4fbf69c0



 【経営コンサルタントの独り言】 一六銀行のビジネスモデルが大きく変質

 質屋さんのことを「一六銀行」と呼ぶことはご存知の方も多いでしょう。

 質屋というのは、経済的に厳しい人達のためのものというイメージから、かつてはあまり良い響きではありませんでした。

 そこでこのような呼び方をしたのだろうということは想像できます。

「セブン銀行」と呼ばれていたこともあるようです。

 今日では、セブン銀行といえば、インターネットバンキングの大手です。

 昔とはすっかり違って来ました。

 質屋さんのビジネスも、物を担保にお金を貸すお店というイメージではなく、宝飾品や貴金属、有名ブランド品などの売買するビジネスに業態変化をしています。

 近年では、掘り出し物があるということから質屋組合のイベントの常連さんも多いそうです。


(ドアノブ)



 













同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事