2018年09月11日

◆【経営コンサルタントの独り言】 梅雨と秋の長雨の比較に驚きが つぶやき改訂版 9月11日(火)

◆【経営コンサルタントの独り言】 梅雨と秋の長雨の比較に驚きが つぶやき改訂版 9月11日(火)


 
 


  俺様の名は「ブロッグ
  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!
  今年は、俺の年だゾ~~
 
  パリのホテルで食べた
  焼きたてのチョコクロワッサンは
  うまかったゼ~


 



平素は、ご愛読をありがとうございます。


準備でき次第「つぶやき」改訂版をお届けします。


【今日は何の日】は発行済ですので、そちらをどうぞ


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/d73955cece9a8641c10b10509b94af4f


 b5


【経営コンサルタントの独り言】

■ 梅雨と秋の長雨の比較に驚きが


 秋と言いますと、すかっと晴れ渡った透き通るような青空をイメージします。
 昔から「秋の長雨」という言い方もあります。
 梅雨の時期と秋を比べますと、確かに日照時間は秋の方が長いです。
 ところが、降雨量を比較しますと、どちらが多いとお思いでしょうか 
 私は、しとしとと降る梅雨の時期かと思いましたが、なんと秋の方が降水量は多いのですね。
 考えてみますと、台風で大雨が降るというのは、近年、あたり前のようになってきてしまっています。
 その結果、自然災害に見舞われて、苦しむ方が多いのです。
 各地で洪水・氾濫が起こっても直ぐに立ち上がることは困難で、避難所生活を余儀なくされることも多い昨今です。

 世の中、いろいろなことが起こります。
 そのために、過去のことの記憶は次第に薄れてしまいがちです。
 世の中の変化を時系列的に見ますと、規則性があったり、変化に法則性が見出せたり、と結構いろいろなことが見えてきます。
 短期的に一週間を振り返えるだけでも、記憶が新たになります。
 それが記憶として蓄積されます。
 それがブログ原稿になったり、話材となったりして人脈に津軽のです。


(ドアノブ)



 












同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事