2018年09月17日

◆【経営コンサルタントの独り言】 モノレールなのに一本ではない?? つぶやき改訂版 9月17日(月)

◆【経営コンサルタントの独り言】 モノレールなのに一本ではない?? つぶやき改訂版 9月17日(月)


 
 


  俺様の名は「ブロッグ
  経営士ブログに登場するドッグじゃ!!
  今年は、俺の年だゾ~~
 
  コーヒーもいいけど 
  日本人はやっぱ
  日本茶だよね


 



平素は、ご愛読をありがとうございます。


「つぶやき」の改訂版ができました。ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。


【今日は何の日】は発行済ですので、そちらもどうぞ


  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/9454d9de5ed2e0f3ad5da16861247af6


 ByG0


【経営コンサルタントの独り言】

■ モノレールなのに一本ではない??


 日本最初のモノレールは、上野公園(動物園)に、1957年に建造された「上野懸垂線」と呼ばれるモノレールです。

 しかし、わずか300mと短いのですが、動物園を訪れた子供にせがまれて乗るお客様が多いようです。

 モノレール(monorail)の「モノ」とは「ひとつの」という意味です。

 すなわち、一本のレールというのがもともとの意味で、一般の鉄道のように二本のレールなどと区別するために、このように呼ばれるようになりました。

 しかしモノレールにも懸垂式と跨座式があり、最近ではレールではなくタイヤを使った方式など、都市モノレールと呼ばれる交通手段をモノレールと広義に呼ぶこともあるようです。

「路面電車の高架化」という考えで区分しているようです。

 因みに狭義のモノレールとしての営業路線は、2017年現在10路線が営業中です。


(ドアノブ)













同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事