2019年05月05日

◆【経営士ブログ 経営マガジン】 5月5日 電力ロス少なく低コストのパワー半導体開発 9403

◆【経営士ブログ 経営マガジン】 5月5日 電力ロス少なく低コストのパワー半導体開発 9403
 その日に注目すべき出来事は何か、今日は何の日なのかを念頭におきますと、TVや新聞、人との会話などに対してアンテナの感度が良くなります。  毎週日曜日に発信しています。(ドアノブ)
イメージ 1
 

■ 電力ロス少なく低コストのパワー半導体開発 9403

 

 パソコンとコンセントをつなぐ途中に必ず存在するのがACアダプター(電圧調整器)だ。このアダプター、長時間使っていると熱を放つ。コンセントから取り込んだ電力をパソコンなど電子機器に伝えるときに電力の損失(ロス)が出てそれが熱に変わってしまうのだ。アダプターはたいてい箱状の形をしていて重さがあり、出張時など持ち歩きに不便だ。

 

 既存のACアダプターより電力ロスが少なく、機器も小さくできる技術が実用化目前だという。核になるのは京大発のベンチャー企業、FLOSFIA(京都市西京区、人羅俊実社長)が開発した酸化ガリウムを使ったパワー半導体だ。

 

 酸化ガリウムとは、酸素とガリウム(Ga)の化合物。ガリウムは青色発光ダイオードなどに使われている元素だが、酸素と化合させてコランダムという自然界に存在しない特殊な構造をした膜をつくることに京大が世界で初めて成功した。ガリウムを特殊な溶媒に溶かし、霧(ミスト)状にして基板に流し込み、霧が基板に降着する寸前に加熱して溶媒を乾燥(ドライ)させて化学反応を起こす。すると基板上に1ミリの100分の1程度の数10ミクロンの酸化ガリウムの薄膜が合成される。この製法はミストドライ法と名付けられ、国内外で300件超の関連特許を出願済みだ。

 

 ミストドライ法は液体を原材料として使うので反応温度が高温にならず、加工プロセスの自由度が高い。他の材料より低コストでもある。FLOSFIAはこの製法で金属や高性能セラミックスヘの成膜のほか、電気器具に安定した電源を供給するのに欠かせない大きな電流を流せるパワー半導体のデバイス(電子部品)をつくっている。まず酸化ガリウムをつくり、次に微細加工して電子部品機能を加え、最後に全体の構造を作り込む。試作品は損失低減の目安となる『特性オン抵抗』値で世界トップデータを出した。

 

 ACアダプターから発生する電力ロスは日本全体では原子力発電装置1基分にも相当するという。酸化ガリウムのパワー半導体は長期的には電力ロスをいま最先端のデバイスの10分の1にできるというから、SDGs(持続可能な国際目標)に適う。応用分野はACアダプターだけに留まらない。家電やデジタル機器、クルマや鉄道車両の駆動など世の中には電力が必要な分野があまたある。人羅社長は「酸化ガリウム市場を定着させ、将来は売上高数千億円、従業員数千人規模の事業をつくりたい」と前を向いている。

 

  出典: e-中小企業ネットマガジン掲載承認規定に基づき作成

 

 
 
 この一週間の【今日は何の日】を先読み
 
 こどもの日 5月5日
                     5月5日は、「こどもの日」の国民の祝日です。「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨とされて、1948年(昭和23年)に公布・施行されました。ゴールデン・ウィークの基本ができた日といってもよいですね。
 この日は、端午の節句とも呼ばれ ・・・・・<続き
                      
■ ゴムの日 5月6日
 5月6日は「ご(5)む(6)」すなわち「ゴム」の語呂合せで「ゴムの日」です。
ゴム (蘭: gom)は、元来は植物体を傷つけるなどして得られる無定形かつ軟質の
 ・・・・・<続き

                      
 
                      
■ 粉の日 5月7日
 5月7日は「こ(5)な(7)」の語呂合せから「粉の日」です。
 「コナを食し、コナと遊ぶ」のキャッチフレーズで、「こなもん」→「粉もの」、すなわち「粉製品」の普及を図るために制定しました。日本コナモン協会では、各種の情報と共に ・・・・・<続き

                     
 
■ はやぶさ打ち上げの日 5月9日
                  
 まだ、記憶に新しい「はやぶさ」ですが、2003年の今日(5月9日)に打ち上げられました。
                  
 日本が先行しているイオンエンジンの実証試験を行いながら小惑星「イトカワ」に到達し、不充分ながらサンプル採集をして、2010年6月13日にオーストラリアに帰還しました。
                  
 回収された ・・・・・<続き
                 
■ 国鉄「モノクラス制」導入 5月10日
                  
 1969年の今日5月10日に、国鉄が等級制を廃止し、旅客運賃料金を一本化しました。いわゆる「モノクラス制」の導入です。
                  
 年が知れてしまいますが、私が子供の頃には、普通の通勤用の電車でも一等車が接続されていました。われわれは三等車に乗ったのですが ・・・・・<続き
                  
■ 長良川鵜飼い 5月11日
                  
 長良川鵜飼(ながらがわうかい)で知られる岐阜市で、5月11日に鵜飼いが解禁となり、10月15日までの約5ヶ月間、漁や観光に活躍する風物詩の一つです。
                  
 篭火(かがりび)で鮎をおびき寄せ ・・・・・<続き
 
 
 一週間を先読みする
 
 日:新車販売台数、米貿易収支 
 日:新天皇儀式・金融政策決定会合議事要旨(日銀)
 EU非公式首脳会議 
10 日:国際収支(財務省)・金融政策決定会合の「主な意見」(日銀)、米CPI、韓国文在寅大統領就任2年 
11 日:G20農業相会合(新潟市、12日まで) 
 
 
 
 
 
◆ 経営コンサルタントが提供するセミナー 


 

 詳細は、こちらの当協会ホームページをご確認願います。

 http://www.jmca.or.jp/seminar/indexseminar.htm

 

主テーマ            

首都圏支部主催研修会『新・知修塾』      

副テーマ            (仮)先を見たモノづくり、コトづくりによる事業再生

開催日

5月16日(木)
開催時間            18:30-20:15(95分)

開催地

小伝馬町協働ステーション中央

講師名

経営士補 福田典生

主催者

日本経営士協会 首都圏支部

講習区分

みなし講習会      

対象科目             
取得単位             0.5単位            
 詳細情報日本経営士協会首都圏支部

 

主テーマ 

基礎八科目研修会 Webゼミナール

副テーマ 

 

開催日

 

開催時間

15時 ~ 16時30分(90分)

開催地

 

講師名

 

主催者 

 日本経営士協会 本部

講習区分

研修会(見なし講習会)

対象科目

コンサルティング技術

取得単位

 0.5単位

詳細情報

 

 

  

 
 
今日のブログ 発信予定】 
  ※ 未発信のブログを含みますので、時間になりましてから再訪問をお願いします。

◇ 深夜発信 午前1時頃 【今日のつぶやき】 前日のつぶやき一覧、後刻改訂版も発信
◇ 早朝発信 午前7時頃 【今日は何の日 経営マガジン】 【今日は何の日】【映像に見る今日の話題】【一口情報】など、ビジネスに活かせる情報を満載したマガジン
◇ 午前発信 午前9時頃 【経営コンサルタントの独り言】  前日のつぶやきのトピックスから、その日の思いつきでひと言
◇ 正午発信 毎日異なったテーマでお届け   経営マガジン    一週間を先読みする   経営四字熟語    四字熟語から学ぶ経営や人生   経営コンサルタントからのメッセージ    菜根譚や時事問題から経営者・管理職としてあり方を振り返る   杉浦日向子の江戸塾    環境に優しい江戸時代から生き方を学ぶ   経営コンサルタントQ&A    経営コンサルタントになるには、成功するには   経営コンサルタントの使い方    経営者・管理職のための経営コンサルタントの上手な使い方講座   カシャリ!一人旅他    訪れたことのある地でも、見落としていることもあります。    経営や生き方も、視点を変えると別のものが見えます。
◇ 気紛れ便  日により発信時間・内容が異なり、休刊もあります。
 
 
【経営コンサルタントの育成と資格付与】
 
 
 
since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会
 
 
 
 日本経営士協会は、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント団体です。
 
 詳しくは、サイトでご覧下さい。 
 
 
 
    ↓ ↓  クリック
 
 
 
 日本最古の経営コンサルタント団体・日本経営士協会とは
 
 資格取得についてや入会の手続等
 
 コンサルタントへの依頼、講師捜しに関する情報
 
 コンサルタントとして成功するための各種情報
 
 経営や管理などに関する各種有益情報
 
 経営コンサルタントによるセミナー
 
 お問い合わせや入会・資格取得のお申し込み
 
 会員専用のID/パスワードが必要です