2019年05月22日

◆ 令和元年5月21日(火)のつぶやき ゲノム編集でクローン人間が出現?

 令和元年5月21日(火)のつぶやき ゲノム編集でクローン人間が出現?

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

昨日は、このようなことをつぶやきました。

本日の【今日は何の日】も、発行済ですので、そちらもどうぞ

  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/d815d2ad803c3ebdbc7dcab8b15d1dae

 

■ 国際生物多様性の日  5月22日

 5月22日は「国際生物多様性の日(International Day for Biological Diversity)」です。「生物の多様性に関する条約」が1994年に制定された、国際デーの1つです。

 独立行政法人森林総合研究所と早稲田大学が共催で ・・・・・<続き

 

【経営コンサルタントの独り言】

■ ゲノム編集でクローン人間が出現?

 5月22日は「国際生物多様性の日」でした。

 まだ、蚊の季節には遠いですが、蚊がマラリアなどいろいろな病気を媒介します。

 蚊が刺すと、蚊に寄生している生き物が人間に害を与えるのだとテレビで解説していました。

 蚊のゲノムを編集すると、その様な寄生虫が蚊の体内にいなくなり、刺されても害を及ぼさないというのです。
 

 ゲノム編集は、癌やエイズなど種々の難病から人類を救ってくれる時代がやってきます。

 某国では、すでに人間の卵子でゲノム編集をしているといいます。

 ゲノム編集が、生き物を変化させる時代にすでに入っていると思うと、なんとなく怖い時代になってきたように思えます。

 これまでには存在しないような生物が出現しかねないからです。

 ポジティブな見方だけではなく、マイナス面への対策を早急にお願いしたいですね。

  d30

 久しぶりの本降りの雨上がりで、清々しい朝です。 

konsarutanto   昨日のつぶやき . 

 

 




同じカテゴリー(つぶやき)の記事