2019年06月10日

◆ 令和元年6月9日(日)のつぶやき 日本経営士協会の理念・事業目的・行動指針

 令和元年6月9日(日)のつぶやき 日本経営士協会の理念・事業目的・行動指針

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

昨日は、このようなことをつぶやきました。

本日の【今日は何の日】も、発行済ですので、そちらもどうぞ

  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/501650d3adab5cb122ec91cd43fbbda1

 

■ 時の記念日 6月10日                   

 6月10日は、時の記念日ですが、その制定に生活改善同盟会なるものが関連することを私は知りませんでした。  
 時の記念日というのは、「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」ということで1920(大正9)年に制定されたのです。この趣旨を見ると ・・・・・<続き

 

【経営コンサルタントの独り言】

 

 日本経営士協会の理念とは

 経営コンサルタントの資格というと「中小企業診断士」とほとんどの人が言いますが、中小企業診断士より10年も早く、当時の通産省や産業界の勧奨でできた「経営士」という資格があります。

 この資格を付与する団体が(特)日本経営士協会です。

 その歴史については、既述していますので多くの方に理解をしてもらっていますが、今日、どのような活動をしているのは意外とと知られていません。

(特)日本経営士協会の理念は、

   経営コンサルタント業の発展を通じ、

   活力ある経済産業社会の育成に寄与する。

で、これを実現するための事業目的として下記のことをやってゆく団体です。

 ◇ 経営に係る相談・診断・指導・調査・企画・能力開発訓練

   並びに経営管理等に関する事業

 ◇ 経営士及び経営士補の資格認定及び登録およびその育成事業


 その実現のための行動指針

   共業

   共用

   共育

なのです。

 

ドアノブ)

 

konsarutanto   昨日のつぶやき 

 




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事