2011年05月23日

■■手紙・レター 経営コンサルタント日記 5月23日(月)

 

 毎月23日は、その数字を「ふ」と「み」とよみ「ふみの日」として当時の郵政省が1979年に制定しました。

 

 「手紙の楽しさ、手紙を受け取るうれしさを通じて文字文化を継承する一助となるように」という主旨で、郵便物の利用促進がホンネという見え見えの下心です。

 

 確かに、手紙を書くことがめっきり減り、日本郵便も工夫をしないと売り上げが伸びませんね。

 

 因みに五月二三日は、五()()()を強引に「こいぶみ」(恋文)と読ませて「ラブレターの日」とも言うそうです。こちらは日本郵便ではなく、松竹が『ラブ・レター』という映画の宣伝のために制定したそうです。

 

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック

■■ 経営コンサルタントのサイト  ←クリック

 



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。