2011年06月19日

■■影の薄い父の日 経営コンサルタント日記 6月19日

■■影の薄い父の日 経営士・コンサルタント日記 6月19日(日)

 

 今日は「6月の第三日曜日」です。といって、ピンと来ない人が多いのではないでしょうか。母の日に比べると「父の日」は影が薄いですね。

 

 Wikipediaによると、「1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド[1]Sonora Smart Dodd)が、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらった」ことが契機となったと説明されています。

 

 おちとよこ女史の講演を聴きに言ってきました。女史は,ジャーナリストとして、作家として活躍されています。

 

 「一人でもだいじょうぶ 晴ればれ冬じたく」

 

 人生の最後の締めくくりをどのように迎えるのか、暗くなるような話を淡々と、それでいながら女史の気持ちが伝わってきました。

 

 内容もさることながら、Power Point画面を音楽として、踊るような講演スタイルは、私など聴衆を魅了する点では足下にも及びません。

 

■■ 士業向けセミナー  ←クリック




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。