2011年07月09日

■■パソコン使いこなし術  FacebookとTwitter

■■ パソコン初心の使いこなし術  FacebookTwitter

 

 日本製のパソコンがない時代に、アメリカからパソコンを担いで帰国しました。文系出身の私ですが、市販書もなく、試行錯誤でパソコンをいじったのがきっかけで、ソフトバンク様を始め、日経BP様など多数からパソコン関連書籍を出版してきました。

 

 自慢話をしたいのではなく、恥ずかしいような数々の失敗経験からパーソナルユース向けに、独断と偏見でもって情報提供をいたします。

 

 ここでは、参考のために情報提供していますので、ご自身の責任で行動してください。

 

 FacebookTwitter

 

 Facebookですが、日本ではFacebook本来の使われ方をしておらず、ツイッターと混同している人が多いようです。

 

 Facebookはそもそも大学生が仲間同士のコミュニケーションをスムーズにしたいという願望から誕生したものです。ですから、発言に責任を持つことが原則ですから、実名でやりとりするのは当然と言えば当然です。

 

 Facebookを仲間内の交流の場であるという本来の用途に考えて、基本的には紹介者の紹介者が登録するようなことを防げば知らない者同士がコミュニケーションを取る確率は減ると思います。

 

 いろいろなツールを上手に使い分ける効果が上がります。経営士・コンサルタントは、下記のような連携利用が良いと考えています。

1.ツイッターでウェブサイトやブログに誘導する

2.ウェブサイトやブログで自分を知ってもらう

・ウェブサイトとブログ間の連携を取る

・ウェブサイトは基本的には静的情報(比較的動きの少ない情報)

・ブログは動的情報(日記的な新規な情報)

3.メールマガジンで定期的に情報を見込みクライアントに提供する

4.見込みクライアントとFacebookやメーリングリストで交流する

 

 私どもの「士業異業種交流会」のFacebookにもアクセスしてみてください。

 

■■ 経営に役立つ海外情報 ←クリック




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。