2011年08月10日

■■ マーケティングで営業力アップ ABCD戦略表で意思決定

■■ マーケティングで営業力アップ ABCD戦略表で意思決定

 

~ 4-1-3 ABCDセグメント戦略立案表 ~

 

■ ABCDセグメント表を使った意思決定

 

 前回、Attack(攻撃する)、Bear(生み出す)、Challenge(挑戦する)、Develop(創造する)を意味するABCDの各セグメントで検討することを記載しました。

 

 一例として、Aセグメントでの検討について紹介しましたが、他のセグメントでも、当該するセグメント毎に戦略・戦術を立案し、最終的にはどのセグメントを当該期の最重点課題とするか決定してゆきます。

 

 これに類した用途に、「市場開拓戦略立案マトリックス」があります。これは複数の戦略を比較しながら、後述のマーケティングの4Pというフレームワーク思考を取り入れながら検討するマトリックス表です。

 

 このマトリックス表は複数の戦略を検討するのに適しています。それに対して後述のマーケティングの4Pは、単独の場合に、より精細に検討する場合にわかりやすいでしょう。

 

 ロジカル・シンキング・ツールは、この様に同じようなツールの中から、目的に即したツールを選定して、それをもとに分析・検討・立案などに使うと良いでしょう。その判断要素として対象が単一か複数か、目的が検討など利用者側にウェイトが高いのか、プレゼンテーションなど相手があるのか、要素分類が単一か、複数かなどが挙げられます。

 

【 注 】

 「ロジカル・シンキングがよ~くわかる本」(今井信行著、秀和システム参照)

 

    http://www.glomaconj.com/shohin/logicalthinking/logthink.htm

 

<続く> 次回掲載をお楽しみに

 

■■ 日常生活雑学博士で話し上手 ←クリック

 仕事上手は、話し上手。話のネタがゴロゴロ

 




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。