2011年08月16日

■■ノ一トPCかデスクトップPCか? 5回連載2

■■ノ一トPCかデスクトップPCか? 5回連載2 パソコン初心の使いこなし術

 

【本シリーズの発行主旨】 当ブログの最後に掲載

 

 パソコンの選び方2 ノ一トPCかデスクトップPCか?

 

 前回、デスクトップPC、ノ一トPC、その中間型の3種という、非常におおざっぱな分類とその特徴をご紹介しました。それでは、どのタイプが良いのでしょうか?異論も多いと思いますが、独断と偏見に満ちた見解を述べてみます。

 

 顧問先訪問など外出の多い経営コンサルタントの場合には、モバイルタイプが必需品でしょう。いつ、何処でもメール受信をできるようにしておきたいです。しかし、メールだけというのであれば、最近はスマートフォンやタブレットPCという手段もあるので、モバイルパソコンに固執する必要性は低いでしょう。

 

 モバイルパソコンは、軽量でコンパクトである反面、光ディスク装置がついていないなどの欠点があります。ところが、電車内などの移動中に作業をするという観点では、スマートフォンやタブレットPCでは物足りないですし、効率が良くありません。

 

 仕事のスタイルが上述のような方は、モバイルパソコンが良いと言えます。一方、デスクワーク主体の人の場合には、ノ一トPCに比較して相対的に高性能であり、拡張性の高いデスクトップPCがお薦めです。大きなディスプレイやマルチディスプレイで快適に仕事ができます。

 

 デスクトップPCは、広いスペースを取るという難点があります。スリムタワーなどと呼ばれるコンパクトタイプやボックスレスタイプはデスクトップPCとノ一トPCの中間的な存在で、その両者の良いところを持っています。

 

 ノ一トPCの長所の一つである、オールインワンというメリットもあり、拡張性も多少の制限はありますがノ一トPCよりは大きい機種が多いです。

 

 それでもノ一トPCと比較するとかなりのスペースを取りますので、ノ一トPCという選択肢は捨てられません。家の中でも場所を選ばず、また近年は17インチなど大型画面を有するノ一トPCの価格が下がってきています。一台あれば、ほとんどの作業ができるというのも魅力です。

 

 最近は、テレビに接続して利用するという人も増えてきているので、テレビのそばまで移動させるにはノ一トPCが良いでしょう。

 

<続く> 次回掲載をお楽しみに

 

【本シリーズの発行主旨】

 

 日本製のパソコンがない時代に、アメリカからパソコンを担いで帰国しました。文系出身の私ですが、市販書もなく、試行錯誤でパソコンをいじったのがきっかけで、ソフトバンク様を始め、日経BP様など多数からパソコン関連書籍を出版してきました。

 

 自慢話をしたいのではなく、恥ずかしいような数々の失敗経験からパーソナルユース向けに、独断と偏見でもって情報提供をいたします。

 

 ここでは、参考のために情報提供していますので、ご自身の責任で行動してください。

 

 たまたま、夏休みにモバイルパソコンを買い換えました。また、知人から購入相談を受けましたので、そのときの経験をもとに纏めてみました。

 

■■ 経営コンサルタントの独り言 クリック

 経営コンサルタント的発想を習得しよう

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。