2011年08月18日

■■米とマネーゲーム 経営コンサルタント日記 8/18(木)

■■米とマネーゲーム 経営士・コンサルタント日記  8月18日(木)

 

 「米」という字を分解すると「八、十、八」になるとして、818日を「お米の日」とした米の記念日です。ところが、制定した機関が不明確で、米は、収穫するまでに88の作業を要するということから、お米の日を88日のみとするのか、毎月8日とするのか、結着がついていません。

 

 ここに来て、急にマスコミに取り上げられている理由に、原発による汚染米とともに米を先物取引の対象としたことがあります。

 

 東京穀物商品取引所と関西商品取引所は、88日から先物取引の試験上場を2年間という期限付きで開始しましました。

 

 JAグループは、戸別所得補償制度に重点を置き、価格と需給の安定化を図ろうとしています。ところが、そのメカニズムとは無関係に先物取引として値がつくようになります。

 

 当然、JAグループは大反対です。

 

 今日、トウモロコシに端を発し、小麦や大豆、コーヒーなどまで、多くの農産品が高騰しています。原油の高騰などと同じメカニズムになるわけで、JAだけではなく、われわれもJAのやり方に賛成はしませんが、マネーゲームに主食であるお米が左右されるのはまっぴらです。

 

 国民があまり騒がないうちに、「試験的に」というまやかし言葉を使って開始したことも許せません。

 

 今日は、内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会臨時総会の準備と懸案事項の処理で一日があっという間に過ぎてしまいました。

 

■■ 小説 経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営 クリック

 経営コンサルタントとどのように付き合ったら良いのかが分かります




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。