2011年09月12日

■■実務的な研修  経営コンサルタントに関するQ&A

■■実務的な研修  経営士・コンサルタントの現役・志望者に関するQ&A

 

 1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。

 

【質問】

 

 経営コンサルタント業という者がよく解らないので、コンサルティングの実践と言うことの見当がつきません。それを学んだり、体験する場はあるのでしょうか?

 

【回答】

 

 実務研修としては、定期的に開催している者もあれば、不定期であったり、ある時期だけ開催されたりと、開催形式にバラツキがあります。

 

 例えば前者の一つとして「中級財務研修」は、実際の財務諸表を基に実践的な研修を受けられます。

 

 

 後者としては、実際に企業を訪問して簡易診断をするコースもあります。また、「実践!コンサルタント道場」というのがあります。

 

 その紹介文を書きに挿入しておきます。

 

  日本経営士協会は、実力のある先生方に集まっていただき、一緒に「共育」して、相互研鑽によりさらに一歩上を目指す知的集団でもあります。「共育」とは、自分の専門分野で活動しながら、そうでない部分を補っていくことです。

 

 経験豊富なベテランの先生方が「経営士」という資格により、その実力がさらに裏付けられると共に、当協会には一流のコンサルタントを目指す、若手の会員もいます。そのような会員には、「共育」の一環として「実践!コンサルタント道場」で力をつけて頂くという機会があります。

 

 実践!コンサルタント道場は、コンサルタントしての基本的な知識の習得だけではなく、コンサルタントとしての知恵・ノウハウを磨く場です。

 

 例えば、社員研修を業務の一環としてやるという場合に、どのように企画するか、どのように企業に売り込むか、どのように準備をするか、どのように実施するか、などなど、ベテランのコンサルタントでも迷うことがあります。

 

 また、実施を前に、パワーポイントをどのように使ったら効果的か、配付資料をどのように準備したらよいのか、当日どのような話し方をしたらよいのか、実際に模擬研修をやり、問題点や不充分な点、良かったことなど、体験を通して身につけていく、これが”実践”と言われるゆえんです。

 

  経営士補資格取得保証講座 ←クリック

  入会案内 ←クリック

 

【このコーナーの目的】

 

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 

 また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 

 そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン  ←クリック

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ  ←クリック

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

 

GoogleYahooなどの検索サイトで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページに表示されます。

 




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。