2011年09月14日

■■経営者/コンサルタント向け セミナーは最先端の情報源

■■経営者/コンサルタント向け 展示会・セミナーは最先端の情報源

 

 経営者・管理職たる者、経営コンサルタントや各種士業・コンサルタントは、明日を読めなければなりません。各種の展示会は、世の中の動向、近未来の動向、業界の動向等々多くの情報や示唆を提供してくれます。

 

 その一環として、独断と偏見でも持って選択した展示会やセミナー・シンポジウムなどをご紹介します。ただし、各自の判断で行動してください。

 

■横浜経営支援センター ―――――――――――――――――――――――■

 

 企業の社会的責任、気配り経営の実践

 ~中小企業における「社会的責任」について~

 ~口コミで顧客が増える経営の秘訣、気配り経営の神髄~

 

 【講師】 経営士  石原 和憲 氏

      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2007.htm?s

      

      経営士  藤原 久子 氏

      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2002.htm?s

■――――――――――――――――――――――――――――――――――■

 

■概 要

 

2000年に循環型社会形成促進基本法が成立し、企業の社会的責任を求めてき

たが、相次ぐ企業の不祥事を受け、更なる企業の社会的責任(CSR)が叫ばれ

ている。

 

大手企業は、企業イメージを高めるために、多くのリソースを投入してCSRを

推進してきているが、CSRが本業とは別の活動になっているところが多い。

又、高価な「環境経営報告書」を作成してアピールしているが、雇用等の面で社

会的責任を果たせていない面がある。

 

それに対し、マイケル・E・ポーター氏は、CSV(Creating Sheared Value

の概念を提唱し、本業そのものの活動による社会貢献を提唱している。

 

一方、横浜では、4年前より、地域貢献企業認定制度を設け、企業活動による地

域経済活性化への貢献、地元の雇用確保への貢献等を指標に、優良企業の発掘、

認定を進めている。

 

横浜型地域貢献企業認定制度は、横浜市、横浜商工会議所、NPO、市大CSR

センター、横浜企業経営支援財団(IDEC)の5者が相互協力して運営してい

るもので、評価基準は横浜市と市大CSRセンターが策定した独自規格である。

 

本セミナーでは、第1部は、日本のCSRの現状と、横浜の地域貢献型企業認定

制度の紹介、及び認定制度で最上位を受賞されたエンタープライズサービス社の

取組みを紹介します。

 

又、第2部では、エンタープライズサービス社を経営されている藤原社長より、

口コミで顧客が増える経営の秘訣、気配り経営の神髄について、紹介します。

 

 

◆ セミナー終了後、無料経営相談会を行います。

当日講師および横浜経営支援センターの講師陣がご対応いたします。

ご希望の方は予め相談内容をお寄せ下さい。尚、当日の受け付けも致します。

 

 

■日 時:平成23年9月23日(金、祭) 13:00~16:00

              (無料相談会 16:10~16:40)

 

■会 場:横浜市技能文化会館 801視聴覚研修室

>> http://gibun.jp/gibun/index.html

 

■受講料:一般 3,000円 / 会員 1,000円(当日受付にて)

 

■定 員:30人

 

■問合せ:日本経営士協会 横浜経営支援センター

>> https://www.jmca.or.jp/msc/yokohama/contact

 

●詳細情報・受講申込み

>> http://www.jmca.or.jp/msc/yokohama/news/semi/20110923.html

 

 

 なお、日本経営士協会・特別講習会・講演会・セミナー情報は、以下のURLでもご紹介し、またお申し込みもいただけます。

 

  日本経営士協会セミナー ←クリック

  http://info.jmca.or.jp/seminar/301/

 

【 注 】

 同じ内容を重複して紹介することがあります。ご容赦ください。

 

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。

 




同じカテゴリー(【経営情報・セミナー案内】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。