2011年09月18日

■■パソコン、顧問契約、セミナー・・・続々にゾクゾク

■■パソコン、顧問契約、セミナー・・・続々にゾクゾク テレビ・新聞に学ぶ経営のカンどころ 9月18日()

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

■産学交流サロン「第1回横浜・金属加工研究会2011」の開催

 

(財)横浜企業経営支援財団では、金属加工についての技能や段取りなどの周辺技術を含む加工技術について学ぶオープンセミナーを開催します。

 

[日時]926日(月)15:0017:1017:2018:20は交流会を開催)

[場所](財)横浜企業経営支援財団(横浜市中区)

[参加費]2,000

 http://joint.idec.or.jp/koryu/110926.php

 

  資料出典: J-NET21

 

■ブログが益々おもしろくなる 今週のブログ予告

 

 今週のお薦めはなんといっても月曜日から始まる「正しいパソコンの処分法」です。パソコンを新しく買い換えたいけど、古いパソコンはどのように処分したらよいのかわからないという人が多いでしょう。

 

 「パソコンは、街頭に廻ってくる回収車に頼べばよい」という方、トラブるが多いということを知っていますか?

 

 また昼休みに読む経営コンサルタント小説竹根好助シリーズ「先見思考経営」も見逃せません。

 

 経営コンサルタントを三十五年にわたりやってきた竹根好助が、久しぶりに自社の顧問先の社長を訪問。四十年近く前に初めてあった同年代の幸育雄に再会したのが、それから十年余が経ってからで、その頃を二人が回想をする。


 幸は、再会時三八歳、印刷会社ラッキーの社長になっており、商社勤務十年後に経営コンサルタントになった竹根に顧問を依頼する。将来的には需要減退が予測される印刷業界において、生き残り策を竹根に託する。竹根は、企業診断でもあり幹部社員研修でもあるビジネスドックを実施しました。


 第9話に入り、経営コンサルタントとの契約という通常では体験できないことを疑似体験できます。

 経営コンサルタントを目指す人には、経営コンサルタント業がどのようなモノかを知る最適な方法が、経営コンサルタント小説です。

 

 毎週土曜日の「江戸塾に学ぶ」も人気です。

 

 江戸のエコや風俗習慣などから、現代人は、エコという観点に絞っても学ぶところが多いと思っています。杉浦日向子の江戸塾から学ぶところは多く、話のネタとなります。エッセイ風というと大げさになりますが、独断と偏見で紹介してみたいと思います。

 

 私がはじめて杉浦日向子女史を知ったのは、「お江戸でござる」というNHKの番組でした。お酒が好きで、飾らない人柄、江戸時代に生きていたかのような話しぶり、そこから江戸のことを知ると、われわれ現代人に反省の機会が増えるような気がします。

 

 それに加え、10時からの「経営コンサルタントのQ&A」シリーズも見逃せません。「資格を取ってから・・・」「経営コンサルタント資格=中小企業診断士」という常識を破って、経営コンサルタントになる近道が紹介されています。

 

■ 週末のブログ発行

 

 本日は週末のため勝手ながら休載させていただき、別の内容でお送りしています。是非、それぞれのバックナンバーを当ブログでご参照ください。

 

■■ ブログの読み方で情報価値が上がる  ←クリック

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。