2011年09月19日

■■独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

■■経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業

 

 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 

【質問】サラリーマンをしながらの独立起業

 

 大学生ですが、起業に興味があります。まずは、就職して、サラリーマンとして定収を得ながら起業をすることは可能でしょうか?

 

【回答】

 

 まずは就職先の企業が副業を認めているかどうかが問題となります。多くの企業では、副業を認めていません。それを黙認している企業もありますが、雇用契約に反するような行為はお薦めできません。

 

 今日のように労働力の買い手市場の環境では、解雇のリスクがあり、万一の時には退職金すら満足にもらえないことも考えて行動すべきでしょう。

 

 某大手電機・電子機器製造業のA社が、社内起業を認めていますが、あくまでも社内での起業です。この制度を利用して、M&Aを何件か手がけた後、M&A専門会社を起業して独立した人が私の知人にいます。

 

 あなたが仰るように、サラリーマンとして定収を得ながら、自分の会社を持てれば、ダブルインカムでもあるし、起業のリスク回避にも繋がります。

 

 しかし、起業業種によっては、なかなか二兎を追うことは難しいようです。

 

 電子技術に興味のあるTさんは、サラリーマンをしていましたが、週末起業で電子機器のアイディア商品の製造を始めました。ネットを利用すれば、資材調達から販売、回収までうまく行く自信を持っていました。

 

 しかし、仕入れ先は週末休み、その納品受取がうまくいかない。顧客開拓はネットで何とかなると思っていたら、問合せに時間が取られる。発送業務も、週末だけでは受注からの時間がかかりすぎてしまう。

 

 などなど、いろいろな問題に直面し、結局どちらかの仕事を諦めざるを得なくなりました。

 

 別のTさんは、流通業の会社で仕事をしていますが、経営コンサルタントとして週末起業を始めました。いずれ経営コンサルタントとして起業をしようと考えているので、週末は顧問先予備群を集めて、勉強会を開催しています。

 

 その中から、Tさんの状況を理解している経営者が顧問契約をし、週末を中心としたコンサルティングができるようになりました。ダブルインカムにはほど遠いですが、先行投資という観点ではTさんは満足しています。

 

 起業に関する書籍はたくさんありますし、ネット上だけではなく、起業を目指しているグループもあるようです。それらを利用しながら、勉強して、判断してはどうでしょうか。

 

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。