2011年09月24日

■■ パソコンの正しい処分の仕方 6 PC処分の付帯事項

■■ パソコンの正しい処分の仕方 6 PC処分の付帯事項

 

【 重要 】

 この連載ブログは、原則としてアメブロのアメンバー登録された方に全文を無料で提供しています。アメンバーになるのは簡単ですので、アメブロサイトでご登録ください。

 

 パソコンには、個人情報をはじめ多くのプライバシーが蓄積されています。例えば、毎日利用しているウェブサイトのデータですが、再利用しやすくするために訪問先のデータが残っています。それを他人に見られて都合の悪いこともあると思います。

 

 捨てるにも注意が必要ですし、また、法律改正で、処分するにも費用がかかります。パソコンの処分は、以前はお金になりましたが、今はお金を払わないと処分できない時代になってしまいました。

 

 また、正しい処分をしないと法律に反することにもなります。それらを鑑みて、パソコン処分方法を纏めてみました。

 

パソコンの下取り

 

やってはならない不用品回収業者利用

 

周辺機器や消耗品

 

■法人の場合のパソコン処分

 

■処分する前に必ずチェックしましょう

 

・・・・・<図版及び続きはクリックして読者登録(アメンバー)が必要です> ←クリック

 

 パソコン一口情報 クリック

 パソコンのことを知っているようでも、意外と知らないことが多いものです。「いままで気がつかなかったけど、こんな便利な使い方があるのだ」と気がつくかも知れません。

 

■ 「パソコンの正しい処分法」がウェブサイト掲載

 

 当ブログで6回にわたり連載した内容を、ウェブサイトに掲載しました。見直すと、ブログでは気がつかなかったことも発見するかも知れません。

 

  パソコンの正しい処分法 ←クリック




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。