2011年10月16日

■■G20会議 経営のカンどころ 10月16日(日)

■■G20の財務相・中央銀行総裁会議 経営のカンどころ 10月16日()

 

・・・ 意識をすると

・・・ 新聞やテレビの見方も変わってくる

 

 14日から世界7カ国で、「iPhone4S」が発売され、ニューヨークでも400人が列をつくったそうです。それに比べると日本の方が過熱度が高いのでしょうか。

 

 ニューヨークの行列と言えば、「ユニクロ」が5番街にユニクロの売り場面積では世界最大とのことです。こちらはなんと2000人もの行列が出来たといいいますから、iPhoneを遙かに上回ったと言うことですね。

 

 パリで開かれていたG20の財務相・中央銀行総裁会議で、ヨーロッパの各国が資本増強策ほかを早急に実施する方向で共同声明がありました。効果が出ることを期待したいです。

 

  出典: NHKニュース

 

■中国経済産業局広報誌「旬レポ中国地域」10月号を公開

 

 今回の特集は、『地域映像コンテンツネットワーク構築(勝手にえぇが特区)事業」について活動内容をまとめています。また、調査・報告のコーナーでは、Ruby World Conference2011の開催報告などを掲載しています。

是非ご覧ください。

 

 http://www.chugoku.meti.go.jp/info/densikoho/MT.htm

 

  資料出典: J-NET21

 

■ブログが益々おもしろくなる 今週のブログ予告

 

 今週のお薦めはなんといっても

 

 毎週火曜日と木曜日15時に提供している「名言格言から経営を感じ取る」「今日の経営四字熟語」は益々人気上昇中です。名言格言や四字熟語を学びながら、経営のヒントを併せて得ることができるという切り口が好評の理由です。話材にも使えて、益々面白くなります。

 

 

 また、平日の昼休みに読む経営コンサルタント小説竹根好助シリーズ「先見思考経営」も見逃せません。

 

 経営コンサルタントを三十五年にわたりやってきた竹根好助が、久しぶりに自社の顧問先の社長を訪問。四十年近く前に初めてあった同年代の幸育雄に再会したのが、それから十年余が経ってからで、その頃を二人が回想をする。


 幸は、再会時三八歳、印刷会社ラッキーの社長になっており、商社勤務十年後に経営コンサルタントになった竹根に顧問を依頼する。将来的には需要減退が予測される印刷業界において、生き残り策を竹根に託する。竹根は、企業診断としてビジネスドックを実施し、それを契機として業態転換を提案する。


 「ビジネスドック」という手法を読者も自分で使えるようになるほどビビッドに表現されています。中小企業では、社員研修等おぼつかない、ということをお考えの経営者・管理職には必見です。

 

 経営コンサルタントを目指す人には、経営コンサルタント業がどのようなモノかを知る最適な方法が、経営コンサルタント小説です。

 

 毎週水曜日15時(従来週末発信)の「江戸塾に学ぶ」も人気です。

 

 江戸のエコや風俗習慣などから、現代人は、エコという観点に絞っても学ぶところが多いと思っています。杉浦日向子の江戸塾から学ぶところは多く、話のネタとなります。エッセイ風というと大げさになりますが、独断と偏見で紹介してみたいと思います。

 

 私がはじめて杉浦日向子女史を知ったのは、「お江戸でござる」というNHKの番組でした。お酒が好きで、飾らない人柄、江戸時代に生きていたかのような話しぶり、そこから江戸のことを知ると、われわれ現代人に反省の機会が増えるような気がします。

 

 それに加え、10時からの「経営コンサルタントのQ&A」シリーズも見逃せません。「資格を取ってから・・・」「経営コンサルタント資格=中小企業診断士」という常識を破って、経営コンサルタントになる近道が紹介されています。

 

■ 週末のブログ発行

 

 本日は週末のため勝手ながら休載させていただき、別の内容でお送りしています。是非、それぞれのバックナンバーを当ブログでご参照ください。

 

■■ ブログの読み方で情報価値が上がる  ←クリック

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。