2011年10月17日

■■新嘗祭 【今日は何の日(日記)】 10月17日(月)

■■新嘗祭 【今日は何の日(コンサルタント日記)】 10月17日(月)

 

 10月17日は「貯蓄の日」の日です。

 

 日本銀行貯蓄増強中央委員会(現在の金融広報中央委員会)が「勤労の収穫であるお金を大切にする」として、1952(昭和27)年に発足時に制定し、神嘗祭に因んで翌年から実施しました。。

 

 Wikipediaによると新嘗祭は下記のように説明されています。

 

 新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は宮中祭祀のひとつ。収穫祭にあたるもので、11月23に、天皇五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。

 

 「金融広報中央委員会」は、日銀内にあり、「知るぽると」というサイトを運営しています。同サイトは「くらしに役立つ身近な金融情報、お金に関する知識の情報サイト。知るぽるとの“ぽると”とは“港”、“入り口”です」と表題しています。

 

 

 今日は、外出の合間にブログ原稿を書いていました。

 

 複数のブログを書いていますが、ヤフブロ読者の皆様のご愛顧とご協力で、ようやく累計の訪問者数が10000人を超えました。トップブロガーの足下にはとても及びませんが、一つの目安としていました。これもひとえにヤフブロ関係者や読者の皆様やおかげです。ありがとうございます。

 

 当ブログは、経営コンサルタントになる近道があるにもかかわらず、多くの方が中小企業診断士試験になかなか合格できずに苦労をされていることを看過できないでいる「お節介役の経営コンサルタント」が書いています。

 

 しかし、中小企業診断士資格取得準備を支援するブログではありません。

 

 「経営コンサルタントになるには、中小企業診断士の資格を取らなければならない」とお考えの方が多いのです。日本には、経営コンサルタントの数が、2万人とも6万人ともいると言われています。しかし、中小企業診断士資格保持者はその50%にも達していません。

 

 「中小企業診断士より10年も早くできた経営コンサルタント資格で、中小企業診断士(当時は「中小企業診断員」と言った)育成に協力してきた「経営士」という資格があります。日本経営士協会が資格付与をしており、平成24年には「60周年」を迎える、伝統と実績があります。

 

 中小企業診断士が、中小企業振興法に基づく業務を行うことを目的としているのに対して、経営士は広く大企業を始めとした民間企業や各種団体の経営支援を行ってきています。

 

 経営士になるには、色々な方法がありますが、詳しくは、グーグルで「経営コンサルタント」をキーワードで検索してみて下さい。そのトップに表示されるのが「経営コンサルタントへの道」というサイトです。

 

 経営コンサルタントになる人の80%以上が見るサイトであると言われています。経営コンサルタントも、経営コンサルタントになろうとしている人も、経営者・管理職の皆様も、是非訪問してみて下さい。

 

■■ コンサルタント向け研修情報  ←クリック

 士業に特化したセミナーが目白押し。あなたも講師に・・・




同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。