2011年10月18日

■■ 【名言格言】上杉鷹山 「一村は、互いに助け合い・・・」

■■ 【名言格言から経営ノウハウを感じ取る】 「一村は、互いに助け合い、互いに救い合う」

 

 毎週火曜日15時に提供している「名言格言から経営ノウハウを感じ取る」「今日の経営四字熟語」は「経営四字熟語」とともに益々人気上昇中です。名言格言や四字熟語を学びながら、経営のヒントを併せて得ることができるという切り口が好評の理由です。話材にも使えて、益々面白くなります。

 

■一村は、互いに助け合い、互いに救い合う

 

・・・一村は、

・・・互いに助け合い、

・・・互いに救い合うの

・・・頼もしき事、

・・・朋友のごとく

・・・なるべし。

 

 上杉鷹山(17511822)は「伍什組合の仰出(おおせいで)」の中で、民衆のための相互扶助組合の確立の必要性を説いています。

 

 上記は、その中の一節で、人というのは一人では何ごとも成し遂げることは困難なので、農民組合の結成を主張しています。すなわち、助け合いの必要性を説いているのです。

 

 私は、内閣府認証特定非営利活動法人・日本経営士協会の理事長を拝命したときに「共業・共用・共育」ということを前面に出して、協会改革を実施しました。

 

 当時の協会は、新規入会者は皆無に近く、会員数が激減する中で、残る会員は高齢者ばかりになってしまいました。日本で最初にできた経営コンサルタント団体という伝統と格式のある組織にもかかわらず、この惨状は見るに見かねました。

 

 理事長の・・・・・続きはアメンバー無料登録>が必要です

 

■■ 人気上昇中<経営四字熟語 ←クリック

 四字熟語の示唆を知ると目から鱗が落ちるでしょう

 




同じカテゴリー(経営四字熟語・名言格言金言)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。