2011年11月13日

■■今週のブログ予告【経営のカンどころ】11月13日

■■今週のブログ予告 ブログが益々おもしろくなる 【経営のカンどころ】 11月13日(日)

 ハワイで開かれているアジア太平洋経済協力会議(APEC)を機会に、野田総理大臣は、アメリカのオバマ大統領と今日会談の予定です。賛否両論が納まり切れていない現時点で、TPP交渉参加の意向を正式に表明します。

 障害者に福祉サービスを提供する事業者の経営が、2年前に報酬が引き上げられたことで事業者の多くが黒字になりました。それは好ましいのですが、小泉政権時代に障害者への負担増が実施され、障害者は大変だと思います。

【ブログ案内】

 平日は平日5本のブログを発信しています。内容により経営者・管理職向け、経営コンサルタント向け(志望者を含む)、今日は何の日などの雑学などそれぞれに特徴があります。時間帯別に発信していますので、その中から自分に合ったブログをお読みください。異なったジャンルでも、“意外な”発見があるかも知れませんよ!

【セミナー・展示会】

 ここではセミナー・展示会のタイトルのみをご紹介し、詳細は一括して私共の「セミナー・展示会情報」サイトでお知らせしています。

1114() 札幌 日中経済交流セミナー in 北海道

1114() 福井 企業の持続性を支える人材戦略~女性の力を活かすためのポジティブ・アクション研修~

1114() 大阪 中小機構天満橋セミナー「環境配慮型住宅の今とこれから」

1114() 石川 平成23年度知的財産権制度説明会(実務者向け)の開催(相談会も併催)

1114() 埼玉 平成23年度知的財産権制度説明会(実務者向け)の開催(相談会も併催)

1114() 札幌 平成23年度知的財産権制度説明会(実務者向け)の開催(相談会も併催)

1114() 仙台 復旧・復興セミナー

【お薦めブログ】 経営コンサルタントとは  

 経営コンサルタントという言葉が日本で誕生した日はわかっていませんが、戦後の早期復興を目指して、当時の日本政府はアメリカに公認会計士の制度導入のためのミッションを送りました。

 その時の団長が黒沢清先生でした。先生は、日本に公認会計士制度を確立するだけでは、荒廃した日本が早期に立ち上がるには不充分であることを感じていました。

 アメリカで見たのは、経営の現場で活躍する「経営コンサルタント」という人達です。彼らが企業を活性化するのに重要な役割を演じていることをつぶさに見て、日本企業の復興を促進する方法を見いだしたのです。

 帰国後、黒沢先生の先輩格に当たる太田哲三先生とともに経営コンサルタント業誕生にも努力をなされ、黒沢先生が日本公認会計士協会の設立に、太田先生が日本経営士協会の発足に尽力をされました。

 これが日本における経営コンサルタント業の契機となり、昭和26年9月10日に日本経営士協会設立準備が開始され、2年後に正式発足し、日本で最初の経営コンサルタントの資格もあるとベターではないですか?である「経営士」が誕生しました。

 昭和38年になると中小企業診断士制度ができ、日本経営士協会会員の先輩らがその育成に尽力されました。

 私たちは「経営コンサルタント」と何気なく言いますが、経営コンサルタントとは何かということをじっくりと考えたことがおありでしょうか。

 その答えは、「経営コンサルタントとは」というウェブサイトをご覧下さい。

■ 週末のブログ発行

 本日は週末のため勝手ながら休載させていただき、別の内容でお送りしています。是非、それぞれのバックナンバーを当ブログでご参照ください。

■■ ブログの読み方で情報価値が上がる  ←クリック

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。