2011年11月17日

■■ボジョレ・ヌヴォー解禁【今日は何の日】(日記)11/17

■■ボジョレ・ヌヴォー解禁【今日は何の日】(コンサルタント日記) 11月17日(木)

■ ジョレ・ヌヴォー解禁

 11月第三木曜日は、ボジョレ・ヌヴォーの解禁日です。

 ボジョレは、フランスBeaujolaisの中でも代表的なワインの産地であることは知られています。ヌヴォーnouveauは英語のnewと語源を同じくしますので、新しいという意味です。フランス語のスペリングに近い日本語表示は、「ヌボー」よりは「ヌヴォー」の方がベターなのかもしれません。

 「ヌヴォー地方の新しい(ぶどう)」と言うことから、その年の葡萄の作柄状態をチェックすると言うことから、同じ時間に一斉に解禁して比較するために、「11月第三木曜日」を厳格に守ってきているようです。

 ボジョレ・ヌヴォーを、「ボジョレ」とか「ヌヴォー」と略して言う人がいますが、フランス人だけではなく、ワインを飲む風習のある国では意味が通じません。

 ワインの話ではないですが、日本人だけではなく、外国でもそうですが、省略することが好きです。アメリカでは「IOU」という言葉を使うことがあります。I owe you. の略で、借用書のことです。

 では、「ILU」は何でしょうか?

 I love you. の略?

 まさか・・・ そこまではやりませんよね。

 しばしば「コンサルタント」のことを「コンサル」というように略して言う人を見かけます。経営コンサルタント自身が「コンサル」というと、何か自分の経営コンサルタントという仕事を軽く見ているような気がして、私は好きではありません。胸を張って「経営コンサルタント」と言うようにしています




同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。